Neith(ねいと)
Neith1

ウガレピ寺院に出現するダイアマイト族アルンデマイトNM
ヴォイドウォーカーの一体。

出現条件

六芒星の灰白色のジェイドヴォイドストーンを所持したPCMAP1(I-9) テンキー5、(K-6) テンキー5、MAP2(G-8) テンキー4にあるPlanar Rift調べると出現する。

Survival Guideから(I-9)テンキー5が近い。

MAP1はヨアトル大森林(J-11)の正面入口から入るマップ。(K-6)は地図に載っていない北側の通路に存在する。大抵はこの2箇所で事足りるだろう。

MAP2はMAP1(F-5)から1度ヨアトル大森林に出て左手沿いに進み、(H-11)からもう1度入ったマップTemple Guardianがいるマップ)。(G-8)はマップに載っていない部屋になる。

特徴

Reshephと同タイプのダイアマイトで、ターサルスラムを使用する。

お供としてスパイダー族Neith's Bobbinが5体同時に出現する。
Neith's Bobbinはかなり弱く、前衛WS2~3発で容易に駆除可能。
ただしフィラメンテッドホールドを使う度に2匹ずつ追加されるため、恒常的にお供を駆除し続ける必要がある。そのためお供の隔離&駆除要員を決めておく良い。

なお、お供はボスの特殊技と連動してシックルスラッシュを使用する。
1体から受けただけではたいしたことはないが、複数体から同時に使われた場合即死することもあるのでお供は早めに駆除しておきたい。

戦利品

プロリクスリングカルクスストール銀鏡

ホワイトフェイズアラインメントの値によっては適応の明色ジェイドが手に入る。

出典

Neithはエジプト神話の女神の一柱。水神あるいは織り手*1を司る女神で、Sobekの母とされることもある。

イシス、ネフティス、Serket(セルケト)と共に「四人の泣く女神達」の一人として王の棺やカノプス容器*2を守護する役割を担う。


Bobbin(ボビン)は裁縫で用いられる糸を巻くための筒状の道具。
ダイアマイト族スパイダー族NMなのは、共に糸を吐くということからの関連付けだろう。

関連項目

ヴォイドウォッチ】【ヴォイドウォーカー】【Resheph
*1
ネイト(Ni,Nit,Neit)は本来、軍神で狩猟の女神であり、その象徴として交差した2本の矢と盾を重ねたものを頭上にのせている。このネイトの象徴とその名をヒエログリフで表したときの一部は織機に似ており、後のエジプト神話においてネイトは機織りの女神ともされ、その場合の名が "Neith" すなわち「織り手」を意味するようになった。それによって、以前は水神であることを基本とした創造神だったものが、織機で世界とそこに存在するもの全てを織り上げる神へと性質が変化したとされる。
*2
Serketの項を参照のこと。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。