1万年の夢の終わりに(いちまんねんのゆめのおわりに/Awakening)
ジラートミッションの17番目。

人知れず、1つの物語が幕を閉じる。
だが、楽園を求めるモノがいる限り
運命という名の歯車は回り続ける……。

ジラートミッションクエストミッション
前節1万年の夢の終わりに亡者の影すべての終わりが閉ざされん
宿星の座

ノーグエリアチェンジするとイベントがある。また、ジュノ下層(J-7)のDoor:Neptune's Spireを調べるイベントが発生する。

ジラートミッションの、一応の終わりである。
エピローグ的なものであり、ジラートミッションに関わったNPC達のその後が描かれる。

なおプロマシアミッションと共通の後日談である連続クエストを終わらせると、「すべての終わりが閉ざされん」へと続いていく*1

ミッションの和名に近いものとして、スクエニ(当時スクウェア)のRPG「クロノトリガー」のラストタイトルである「星の夢の終わりに」が存在する。古代文明の英知が絡む「長い時代を超えた物語の決着」という意味では類似性があるといえるだろう。
また、どちらもシナリオライター加藤正人氏である。
氏の担当したゲームではシナリオごとにタイトルを設けており、「~再び」「~を越えて」等、他のタイトル同士にも類似点は多く存在する。
英名が闇王戦のBGMと同名なのは、古からの悪夢から覚醒(Awakening)するということか。

イベントシーン回想

ジュノ下層G-9「Geuhbe」 - 帰還/天晶堂
ノーグH-9「Colleraie」 - 1万年の夢の終わりに

関連項目

ジラートミッション】【プロマシアミッション】【日輪を担いて】【亡者の影】【世界に在りて君は何を想うのか?】【すべての終わりが閉ざされん
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。