加藤正人(かとうまさと)
主に三国ミッション及びジラートの幻影等のメインシナリオを手掛ける。

自らメインシナリオを担当した代表作はクロノ・トリガー、クロノ・クロス、バテン・カイトスなど。また、FF7やゼノギアスでの企画、演出、イベントなども手掛ける。独自な台詞回しは「加藤節」と言われ、密かにファンも多い。反面、物語自体が複雑な多重構造を成す場合が多く、読み手に明確な答えを示さないゆえに賛否両論となる場合が多い。

脚本だけでなく実際のイベントも自分で組み込んでしまうので、なにかと毎回マスターアップギリギリまで忙しいらしい。FF11では監修という立場もあって、イベントの演出を直接手がけたりする事は無かったようだ。オープニング曲「石の記憶」の歌詞も氏によるもの。

現在は退社してしまっているため、肝心のプロマシアミッションは直接は手掛けてない模様。しかし、プロマシアミッションのシナリオ担当者によると、FF11が立ち上がった頃からの膨大な資料をもとにシナリオを編纂したとのこと。多くの伏線、数々のどんでん返しなど、氏の特色を色濃く受け継ぐシナリオなだけに、当ミッション主人公の言動や役回りも、彼の過去の作品の某ヒロインに由来する「お約束」だったりする。

ヴァナ★フェス2008 in 後楽園にて、追加シナリオの執筆を担当したことが明らかにされた。

外部リンク

→Wikipedia:加藤正人
→ファイナルファンタジーXI 追加シナリオ

関連項目

シナリオライター
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。