Lucius(るしうす)
ルシウス
NPCの一人で、バストゥーク共和国大統領に仕える補佐官。

カルストの腹心であり、内政業務を担当している。上司の信任あつく部下の尊敬も集める。それだけ偉い立場にいながら、初ミッションで依頼をくれるなど、気さくな一面も。

仕事の傍ら魔法に関する研究を熱心に行っており、その功績はシドがお墨付きを与えるほど。シドに「働き過ぎには気をつけろ。おまえはカルストを支えることのできる数少ない人材だ。倒れられてはかなわんぞ」と心配されることもある。

工業国のバストゥークにおいて、魔法技術や魔道士の存在が認可されているのも、クリスタルラインの研究成果をサンドリアと共有し、新しい魔法の開発に成功できたのも、ひとえに彼の尽力の賜物とされている。

ガルカの要求やクゥダフの抵抗に理解を示したり、私腹を肥やす大臣に釘を刺したりと、物腰柔らかい割りに共和国の将来を常に気遣っている好人物。

ミッション3-3などで話しかける必要があるのだが、少し居場所が分かりにくい。大工房2階のI-9(とJ-9の境目ぐらいの所にある大統領補佐官室(President Aide's Office)の中)にいる。間違ってジュノに行ったりすることのないように。

「敵が外にいるなら、いつまでも戦争を続けるしかない。
 敵がこの国の病だからこそ、
 私のような文官に仕事があるのです」
「ただ……これだけは覚えておくといい。
 ひとつの立場では見えないものがある。
 見えないものを追う義務はなくとも、
 それでは新しい世界を見ることもかなわぬ」

パーソナルデータ

所在地大工房(I-9)(J-9との境目)
NPCLucius(ルシウス
種族ヒューム
フェイスタイプ1B(エアハルト、茶髪)
サイズM

関連項目

バストゥーク共和国】【Karst】【Cid】【大統領補佐官室
Copyright (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。