コー・イ・ヌール(こー・い・ぬーる/Koh-I-Noor)
貴金属材の一つ。12個スタック可。
巨大な透明の宝石

輝く透石彫金加工した際のHQ3品。レリック武器を鍛える際に要求される稀少アイテムの一つで、片手剣レリックソード格闘武器レリックナックルを第1段階(初期状態)から第2段階へと鍛え直す時に、他のアイテム旧貨幣と共に必要となる。

合成の他には、ベドーの行商ゴブリンHaggleblixに100バイン紙幣×33枚を支払うことでも入手できる。もっとも、こちらは到底価値に見合うコストとはいえないが…。

売却標準価格は9,937ギル

合成レシピ

クリアトパーズHQ3品である。
彫金徒弟スキル上限:22)]
風のクリスタル
輝く透石

NQクリアトパーズ×1個
HQ1:ゴシェナイト×1個
HQ2:ジルコン×1個
HQ3:コー・イ・ヌール×1個

透石レシピダイアモンドコー・イ・ヌールに置き換わったようなレシピになっている。

現実世界コー・イ・ヌール

106カラット*1の巨大なダイアモンド。名前の由来は、それを手にしたペルシャ皇帝ナディール・シャーが「おお、これは光(noor)の山(koh)だ!」と言ったことにあるという。その後、「アフガンの父」アハメド・シャー・ドゥラニの戴冠のシンボルとなるが、群雄が割拠するアフガンの戦乱やインド・イギリスの騒乱に巻き込まれ、様々な所有者の手を経ることになる。多くは悲劇的なエピソードであり、それがために「それを所有するものは世界を支配する。しかし、それを長く身にまとっている事は出来ない」と言われ、「美しく不幸を呼ぶ宝石」であるとされた。

19世紀に英国軍がシーク王Ranjit Singhを破った時に当時の英女王ヴィクトリアに献上され、現在は英王室が所有する王冠にはめ込まれている*2。「男性が持つと不幸を呼ぶ」とされることから、英王室では女性が継承している。

関連項目

宝石】【デュナミス】【レリック

外部リンク

→コ・イ・ヌール(Wikipedia)
*1
カットを繰り返された結果。もとは240カラット、一説によれば700カラットを超える大きさだった。
*2
2002年4月、「クイーンズマザー」エリザベス皇太后の葬儀に使用された。彼女の戴冠式以来、65年ぶりの公式行事での使用。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。