スネークアイ(アビリティ)(すねーくあい/Snake Eye)
コルセアアビリティの一つ。

2007/6/6のバージョンアップから追加されたメリットポイントのグループ2で習得する。再使用時間5分、強化するごとに性能が向上する。
次に振るロールの値を1にする。
使用間隔:5分
能力値1で現在のロールの値が5以上の時、11になるロールの値の出る確率が10%アップします。

使用するとステータス変化スネークアイ」の状態になり、その次に振ったロールの値が影響を受ける*1効果時間は1分。この状態でロールを振った時点で効果は切れる。

実質的にダブルアップ時に使用するアビリティ
アンラッキーNo時に+1してアンラッキーを回避したり、「あと+1で11やラッキーNoに出来る」という状況で使うのが主な手段になる。

2012年5月16日のバージョンアップまでは、次に振るロールの値は1固定、再使用時間は15分、能力値1ごとに使用間隔を2分30秒短縮という性能だった。

ステータス変化スネークアイ

次に振るロールの値が必ず1になる状態。

ステータスアイコンは目が全部1になったダイスという独自のもの。テコ入れ後は必ずしも1になるわけではなくなったが、特に説明文は変更されていない。

解説

スネークアイ」とは賭博にまつわる俗語で、いわゆるピンゾロのこと*2。二つ並んだピンの目を蛇の目に見立てている。賽2つの出目としては最も低いので、悪運を象徴するものとして蛇に例えられているようだ。コルセアに似つかわしいアビリティと言えるだろう。

関連項目

フォールド】【ローデッドデッキ】【ウィニングストリーク】【メリットポイント
*1
ワイルドカードも影響を受けるので注意。
*2
FFXIコルセアの場合は出目は1~6、ピンの目もひとつなのでSnake Eyeと単数形になっている。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。