サブリメン(さぶりめん)
サブリガを好んで穿くプレイヤーのこと。一部では、「サブリスト」「サブリガー」とも。

名称の由来

語源は鞄鯖(カーバンクルサーバー)においてサービス開始初期に設立されたサブリガを普及する団体の名称であり、そのLSの名称でもある。確認できる限りでFFXI史上初のサブリガ愛用者のLSであったことから、彼らの名前がサブリガ愛用者の代名詞となった。「肉体美と平和」をモットーとし、ブロンズサブリガブロンズハーネスを正装と定めてサーバーを越えた活動を行っていた*1

現在では、サブリガ系の脚防具を愛用する男性キャラ達の総称となっている*2

チョコサブリのテキストでは「サブリスト」とあることから、サブリガ愛好家の公式(?)表記はサブリストのようだ。こちらは性別を限定しないよう配慮されているのかも知れない。

サブリメン様々

各鯖で例外なく見かけることもでき、専用LSがある場合も多い。彼らは衆人環視の前で自らの脚線美を見せつけ、視線を集めることを至上の喜びとする。

各雑誌の担当ライターの中にもサブリメンは存在し、ある者は一部でカリスマと目されているとか。

サブリガには、ブーメランパンツの様なタイプと*3、腿までを覆うスパッツの上からプロテクターを装備するタイプの大きく分けて2種類のデザインがあるが、彼らが愛用するのは専ら前者。例外的に後者系でありながら脇が編み上げになっているクラウンサブリガを愛用する者もいる。また、エンキドゥサブリガ最終装備とするサムライもいるようだ。

鋼鉄銃士隊制式冑(いわゆる「変態仮面」ルック)やバルキリーマスクと併用する者、上半身にスケイル系胴装備ジュストコール等のアンバランスな装備を着用する者、ハーネス系シャイルマンティル等で露出の限界に挑む者、トライデント系の両手槍を背負って海の男を気取る者など、人により「魅せる」ためのコーディネートは様々である。仮面とサブリガを組み合わせたサブリメンは「仮面サブリガー」となる事ができる(仮面サブリガン、仮面サブリメンなど呼び方は他にもある)。

星座サブリガ実装により、全ジョブサブリガを穿くことが可能になり、遂に待望の白サブリガ実装された。彼らの活動と情熱、サブリガ愛は止まることを知らない。

忘れてはならない。われわれは、みな美しい。
それをサブリガが教えてくれるだろう。

ナイスサブリガ!!
レッツ!サブリメン!!

Saburimen.jpg

関連項目

サブリガ】【Brygid】【白サブリガ】【チョコサブリ
Copyright (C) 2002-2009 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

外部リンク

*1
鞄鯖にてサブリメンを名乗り活動する場合は紳士淑女のRP集団であることを夢々忘れぬよう心掛けて頂きたい。
*2
サブリガを愛用する女性の名称は「サブリガール」「サブリスト」などと呼ばれる。中の人は男が多いと思いきや、リアル女性もかなりの割合で存在する模様。
*3
ミスラガルカ初期装備や裸装備の状態もサブリガと同じく太腿を露出することから、これらも同類とみなされる。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。