丁度よい相手だ(ちょうどよいあいてだ/Decent Challenge)
モンスターに対し「調べる」コマンドを使用した際に表示される、強さの相対評価の一つ。

楽な相手だ」より1ランク上の強さ表示。「丁度」と略されることが多い。

自分のレベルより若干低い程度のモンスターレベル71以上であれば、自レベル-7まで(75なら68まで)がこの「丁度よい相手だ」に分類される。

2008年9月9日まではこのレベル帯に割り当てられている経験値が50~93だったが、同日のバージョンアップにて、80以上100未満に引き上げられた。上昇率は一定ではなく、例えば従前50の経験値を得られていたレベルの敵からは80の経験値が、同様に93の敵からは97と、従前の獲得経験値に対して一対一の対応となっている。

2011年2月15日のバージョンアップでは経験値テーブルが再度変更され、この強さの敵で戦闘スキルキャップまで上げられるようになった。

シグネットのボーナスを受けずにソロで狩れる事実上の限界ライン。
以前はジョブによっては丁度良く返り討ちに遭うことが多く、「ソロでは強い」とされているジョブ以外でこのクラスの敵を狩り続けることは困難であった。
シグネットによる格下のボーナスが導入され、また先述の獲得経験値引き上げも行なわれてからは格段に狩りやすい相手となり、ソロを不得手とするジョブソロ活動における自由度、快適さが増した。

ちなみに、このクラス以下の敵を倒してもチェーンボーナスの判定は行われない。「とて」や「つよ」の敵のペットとしてこのクラスの敵が含まれるケースは少なくないが、この場合ではこの敵の存在がなかったこととして扱われ、これより前に倒された「おなつよ」以上の敵を撃破したタイミングからのタイムカウントが継続する。レベル差のあるPT等でペットの相対評価が「ちょうど」と「おなつよ」に別れた場合など、チェーン数とタイムカウントがパーティ内で狂うので注意が必要だ。

海外プレーヤーはDCと略すことが多い。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。