ブラスター(ぶらすたー/Blaster)
クァール族が使用する特殊技の一つ。

ターゲット麻痺を与えるだけでダメージは無い。

しかしこの麻痺深度はかなり深く、後衛が喰らうとパラナも出来なくなってしまうことがある。前衛にとっても忍術魔法・各種アビリティが潰されてしまうので非常に危険。幸い単体技なのでサポ白後衛を2名以上確保するようにし、万が一メインヒーラーがこの技を喰らってしまったら、サブヒーラーが治すように努めたい。

動きがカオティックアイと似ているため勘違いされがちだが、視線判定ではなく蝉貫通の単体技。
そのため後ろを向いていても麻痺してしまう。

なお、FFに古くから登場するクァール族に馴染みの深い技である。
初出はFF2。
ほぼ全てのナンバリングタイトル(FF1、3を除く)に登場する伝統ある技であり、いずれの場合も「麻痺」や「ストップ」「石化」といった、行動が著しく阻害される危険なステータス異常、あるいは「即死戦闘不能)」のいずれかを与えるという2択技であることが多く、多くのプレイヤーにとって恐怖の対象であった。

幸いにしてヴァナ・ディールにおいては戦闘不能となることはないものの、危険な技であることにはかわりない。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。