Pakecet(ぱきけと)
エスカ-ル・オンに出現するケートス族NM
青い肌に黄色い鼻腔と尾鰭の亜種である。

出現条件

ギアスフェットの条件を満たした上で、エスカ-ル・オンに点在する???調べることにより出現する。

グリスリートリンケットパキケトの脂肪」の入手に必要となるのは、ワクタザの冠羽×1。

特徴

コンテンツレベル135に相当するモンスター

アングリーシーズの使用でプギル族Pakecet's Pugil」を複数体生み出す。このプギル族PakecetHP残量に応じて少ないほど生まれる数が多くなるようだ。スタンアングリーシーズを阻止すると護衛も生まれない。又、本体SPアビリティに連動してバーサクを一斉に使用する。
雑魚のHPはかなり少なく、パーティの人数にも依るが黒魔道士範囲魔法1-2発で撃破可能なレベルのため、出現したらタイミングを合わせた範囲魔法で焼き切ってしまうのも手である。

コーダルキャパシターの使用で雷属性を、ベイリーンガージの使用で水属性をそれぞれ無効化する状態になる。
エーテリックプルが発動すると消せないドレッドスパイクを纏うため注意を要する。

核熱ファイアMBが効きやすい。

2015年12月10日のバージョンアップではPakecet's Pugilが通常とは異なる挙動を取る場合がある不具合が修正されている。

戦利品


  • 称号:「パキケト パシファイヤー」(Pakecet Pacifier:パキケトを制圧した者)

名称について

2015年8月5日のバージョンアップで追加された際は「Pakicet」という名称だったが、2015年9月16日のバージョンアップで「Pakecet」という名称に変更された。それに伴い、称号も「パキケタス パシファイヤー」から「パキケト パシファイヤー」に変更されている。

およそ5300万年前、ヤプレシアン紀に生息していた哺乳動物のpakicetus(パキケタス、またはパキケトゥス)に由来するものと思われる。四肢が存在していた頃の最も原始的なクジラの仲間。
化石が発見された地であるpakistan(パキスタン)と、cetus(ラテン語で"鯨")を合わせた合成語で「パキスタンの鯨」を意味する。

関連項目

ギアスフェット】【パキケトの脂肪
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。