デフレ(でふれ/deflation)

デフレーション

デフレーション(deflation)とは、物価が持続的に下落していく経済現象を指す。 デフレとも呼ぶ。物価の下落は同時に貨幣価値の上昇も意味する。同じ金額の貨幣でより多くのものを買えるようになるからである。なお、株式や債券、不動産など資産価格の下落は通常デフレーションの概念に含まない。

→デフレーション(Wikipedia)より引用。

FFXIにおけるデフレ

FFXIにおいてもアイテムの価格が下落する現象はしばしば起きている。

特に業者から大量のギルが回収され、ギルの流通が引き締められた時に顕著であり、2007年頃に起きたハイパーインフレの終焉とそのときに起きたデフレは記憶に残っているプレイヤーも多いだろう。

また、後述するようにFFXIにおける装備品は基本的には値下がり傾向にあることが多い。

装備の値下がり

FFXIには装備の損壊という概念がないため、基本的に1つのワールドに存在する装備は(消耗品を除き)時間と共に増加していく。

そのため、たとえギルの流通量が変わらなくともアイテムの供給が続けば装備の価値は相対的に下がり、徐々に価格が下がっていく傾向にある。起こっていることはどちらかというとギルの価値の上昇ではなくアイテム価値の低下ではあるが、これも広い意味ではデフレと言っても良いだろう。より高性能の装備の追加によって急激に価格が低下することもあるが、こちらは通常デフレとは呼ばれない。

経済が安定しており、アイテムの供給が続く限りはこの傾向は必然であるため、初期の高額な時に購入したプレイヤーの中はこの価格の低下を減価償却として割り切っている人もいるようだ。

反面、消耗品は価値の低下が起こりにくいため、そのワールドデフレ傾向にあるかどうかは消耗品の価格を見ると分かりやすいかも知れない。

デフレのメリット・デメリット

  • メリット
    • 資産をギルの形で所持していても損失が出にくいため、リスク分散のためにアイテム資産を持つ必要がなくなり、アイテム管理の手間を減らせる。
    • 固定のギルの収入(ギル報酬クエストなど)で金策している人にとっては、相対的に収入が増える。
  • デメリット
    • ギルの価値が徐々に上昇しているため、ギルが死蔵されて取引が減り、市場が不活性化する。
    • アイテムを資産として持っている人にとっては、資産価値の低下が大きくなる。
    • 固定のギルを必要とするコンテンツが割高になり、バランスが崩れる。

デフレ対策

デフレが行き過ぎると上記のデメリットが大きくなるため、たまに調整が入ることがある。デフレ対策にはギル供給を増やす、ギル回収を緩和する、ギルを用いた取引を活性化させるなどの方法があるが、スクエニギル回収の緩和を行うケースが多い。ギル供給を増やすのは匙加減を一歩間違えると一気にインフレに反転する危険があり、取引の活性化はRMTの活性化も意味するため、難しいのだと思われる。

また、ギル回収の緩和はバランス調整もできて一石二鳥というメリットもある。むしろそっちがメインかも知れないが…。
例)止まっている砂時計の値下げ、コズミッククリーナーの値下げなど

その他には、アイテムの値下がりを抑制するために、装備品を回収*1したり、過去に実装した装備を大きく超えないよう新規アイテムのバランスを調整したりといったことも行われている。後者は今ある装備がゴミになるリスクが小さく、流通しているものを安心して購入できるため、市場が活性化するというメリットがあるが、VUが来ても微妙な装備しか追加されず、ガッカリ砲となってしまうデメリットもある。

関連項目

インフレ】【ギル回収
*1
OP商人に装備を献上するシステムや、指定生産品クエストなど。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。