コンシュタット会戦(こんしゅたっとかいせん/Battle of Konschtat)
サンドリア王国バストゥーク共和国とがコンシュタット高地で領有を争った戦役。
第一次(天晶暦563年)と第二次(天晶暦691年)の二つがある。

第一次コンシュタット会戦

天晶暦563年勃発。
サンドリア王国騎士団が、バストゥーク渓谷に立て篭る盗賊団を討伐する名目で起こった戦い。
バストゥーク共和国共和国軍は、新型の石弓(ジシュカクロスボウの項を参照。)を並べて、王立騎士団の突撃を阻止。王立騎士団グスゲン鉱山を破壊。結果としては、両者痛み分けであり、明確な勝敗はなかった。もっとも、モニヨン銀貨のテキストを見る限り、サンドリア側は鉱山を破壊した時点で自分達の勝利と考えているようだ。

第二次コンシュタット会戦

天晶暦691年勃発。
クォン大陸人間同士が戦った、最後の大きな戦い。
当初狼王ルジーグ率いる王立騎士団バストゥークの砦を次々と陥落させ、わずか7ヶ月で首都を包囲したが、コンシュタット高地にて行われた戦闘においてバストゥーク共和国の稀代の軍師シュルツの策略の前に大敗を喫し、撤退せざるを得なくなった。明確な勝敗のつかなかった第一次と違い、完全なバストゥーク共和国の勝利であった。

ルジーグは撤退後、辺境騎士や在郷騎士をかき集め侵攻してきた共和国軍ロンフォールで撃退。2年後に王立騎士団を再編しバストゥークへの再戦準備を整えたものの、弟であるフェレナン公爵の反乱を契機に二王時代という内乱時代に突入し、一方バストゥーク共和国も、鎖死病が大流行しヒュームが次々と倒れ、各軍団も定員を大幅に下回るなど国家存亡の危機に陥ったため、両国とも継戦能力を失っていった。

関連項目

力の時代
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。