器用貧乏(きようびんぼう)
なまじ器用なために一つのことに徹することができず、結局、大成しないこと。かつての赤魔道士代名詞

FF11では6人パーティが中心となるため、パーティメンバーが一度に多くの役割をこなす必然性は必ずしも高くない。そのためメンバーを集める際は、何でもそこそこできるジョブよりも、この分野だけは他のジョブに負けないという特徴を持ったジョブがまず選ばれる。

かつて、赤魔道士はこの「器用貧乏」を地でいくジョブであり、あげくに田中プロデューサーにはっきり宣告されたのは有名。そのため、その時期に赤魔道士を上げた人は、大抵オートリーダーアビリティが付いている。もっとも、現在では、リフレシュコンバートの追加などを受けて、器用貧乏のレッテル自体もあまり実情にそぐわなくなっている感がないでもない。

いずれにせよ、いろんなことが出来るということは、裏を返せばパーティへの貢献度がそれだけプレイヤースキルに依存するということでもある。このため、赤魔道士はいわゆる「当たり外れの激しいジョブ」でもある感は否めない。

また、2005年12月のバージョンアップ竜騎士に新たに追加されたSPアビである竜剣も、中途に追加されたアビリティであるゆえの雑多な性能から、こう呼ばれることもあるようだ。

からくり士に至っては、レジストスロウ物理回避アップマーシャルアーツと多くのジョブ特性を持つが、どれも中途半端。
何かしらに特化した能力が無いジョブ不遇を受けるのは昔から変わっていない。

また、器用貧乏と成り得る性質なのにプレイヤーの性格や技量により生かしきれない場合、軽蔑の意味を含め不器用貧乏と呼ばれることがある。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。