大羊のシャミ革(おおひつじのしゃみがわ/Sheep Chammy)
皮革材の一つ。12個スタック可。
2005年10月11日のバージョンアップで追加された。
非常に柔軟な大羊の油なめし革

ROプーレーヌ+1ASプーレーヌ+1ROアームレット+1ASアムレット+1への修復時に必要となる他、スポリアサイオ一式の材料になる。

売却標準価格は322ギル

合成レシピ

革細工印可レシピスキル:65)]
錬金術名取レシピスキル:43)]
闇のクリスタル
大羊の毛皮 + ウィンダス茶葉 + ミニクロット + 蒸留水

NQ大羊のシャミ革×1個
HQによる変化はなし
革細工印可レシピスキル:66)]
錬金術名取レシピスキル:43)]
闇のクリスタル
大羊の毛皮 + ウィロー原木 + ミニクロット + 蒸留水

NQ大羊のシャミ革×1個
HQによる変化はなし

現実世界でのシャミ

なめし革を獣脂などの油脂に浸漬したり、煮込むことで脂を染みこませて硬化させたものを指す。

その性質上多少ひび割れやすくなるものの撥水性・硬度・耐摩耗性など戦闘に必要な諸々の要素が向上するうえ、脂を染みこませているので他の皮革類より劣化が緩やかになることからメンテナンス性もよくなる。
いつ頃からこの製法が確立されたかは不明だが、八世紀にはシャミ革らしき革で鎧を作っていたとされる記録がドイツ南部に残っており、板金鎧が発達し始めた百年戦争前期のブルターニュ継承戦争の頃に、当時の革工ギルドからモンフォール伯宛てで送られた「麾下の傭兵隊が購入した革鎧の代金が未納である」との催促状が残っていることから、威力の高い銃が普及して鎧そのものが廃れるまで板金鎧は高級鎧として、革鎧は安価な鎧として棲み分けが成されていたと思われる。
余談だがブリガンダイン(ブリガンドなどいくつかの呼び名がある)も本来は革を使った鎧で、弓兵や従卒といった重装備が不要な兵士や、やや身分の低い者が使っていたとされており、イタリアで一部が現存しているそれにはシャミ革に金属片を裏打ちしていたものもある。

現代においては伝統工芸品用途の他、ルアーとしても使われる皮革の一つでもある。
狙いは良型のアジなどで喰い付きが良いとも言われるが、潮による劣化があることやそもそも革の生産量が少ないことから樹脂製ルアーなどの影に隠れつつある。

関連項目

スポリアサイオ】【スポリアシャポー】【スポリアカフス】【スポリアトルーズ】【スポリアピガッシュ
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。