アトランテスの愛鳥(あとらんてすのあいちょう/Beloved of the Atlantes)
ENMの一つ。
→2005年04月21日のバージョンアップ実装された。

特徴

帝龍の飛泉バトルフィールドを舞台とする。
Lv50制限・6人推奨・制限時間は30分。
突入にはタブナジア地下壕の「Morangeart」より渡される「帝龍の逆鱗」が必要。

中に待っているのはヒッポグリフ族NMの「Watch Hippogryph」。

テラーがやっかいなので、ターゲットを取った人は一時的に後ろを向くのを忘れないこと。理想的な戦術としては忍盾で後ろを向いたまま遁術廻しで削ると、ターゲットが安定しやすい。途中で「Guard Hippogryph」というヒポグリフを呼び出すが、盾役以外で一斉攻撃すると簡単に倒せる。

取得経験値は2,500。また、以下にあげる武器防具が得られることがある。

武器

防具

名称について

アトランテス、と聞けばまずアトランティス大陸を思い浮かべる人が多いと思われるが、この場合は叙事詩「狂えるオルランド」に登場するヒッポグリフを生み出した魔術士アトランテスに由来すると思われる。

作中ではヒッポグリフはアトランテスの愛騎であったが、女騎士ブラダマンテに敗れ、手放すことになってしまう。

NMの名称は、Watch Hippogryphが「見張りのヒポグリフ」、Guard Hippogryphが「護衛のヒポグリフ」という意味。

関連項目

ENM
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。