精霊I系(せいれいいちけい/せいれいわんけい)
6属性精霊魔法の中で、最初の段階にあたるストーンウォータエアロファイアブリザドサンダーの便宜的な総称。

同じようにストーンIIサンダーIIまでをII系ストーンIIIサンダーIIIまでをIII系ストーンIVサンダーIVまでをIV系と呼ぶことがある。

名称習得可能レベル消費MP詠唱時間再詠唱時間精霊D値INT差に対する倍率
(系統係数)
≦50≦100上限
ストーン1454440.50秒2.00秒D102.001.00100
ウォータ5911895D251.80
エアロ9141712146D401.60
ファイア13192316197D551.40
ブリザド17242920248D701.20
サンダー21293524299D851.00

詠唱時間再詠唱時間が短く、連射しやすいのが特徴。ただし、魔法が着弾する度に敵のTPを+100するため、ある程度レベルが上がると使いにくくなる。
素のD値INT差ボーナス(系統係数)の上限値が低く、単に魔攻INTを伸ばすだけではあまり大きなダメージは期待できない。
魔法ダメージ+装備で素の精霊D値を引き上げてやることで魔攻の乗りも良くなり、抜群のMP効率を発揮できるようになる。

アドゥリン以前のコンテンツでは、スタンダードなIL装備一式があれば容易にINT差がキャップしてしまうことが多いため、単にINTを上げてもダメージが変化しないことがある。

歴史

精霊魔法の性能は2013年7月9日のバージョンアップで大幅に調整されている。それ以前は以下の性能だった。同時に系統係数も調整されている。
半減値キャップも再調整されているかは要確認。

名称習得可能レベル消費MP詠唱時間再詠唱時間精霊D値
ストーン1454491.50秒6.50秒D10
ウォータ591189131.75秒7.75秒D16
エアロ914171214172.00秒9.00秒D25
ファイア1319231619242.25秒10.25秒D35
ブリザド1724292024302.50秒11.50秒D46
サンダー2129352429373.00秒13.00秒D60

この時の系統係数は一律1.0。ただし、半減値キャップが低めに設定されているため、INTを+100伸ばしても基本ダメージが100のびるわけではない。そのため、相手がどんなに格下であろうといずれ燃費は頭打ちになっていた。

関連項目

黒魔法】【精霊魔法】【精霊ガI系
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。