冥道に棲みしモノ(めいどうにすみしもの/Whom Wilt Thou Call)
生贄の間のMahogany Doorにデイモスオーブトレードすることで挑む事の出来るBFNM戦のタイトル。

Lv無制限、最大参加人数は6人、制限時間30分。

戦う相手はアンデッド類4匹。


全て撃破することでクリアとなる。

攻略法

全個体共に睡眠無効、またゴーストスケルトン魔法を一切使用しない。

BFが狭い為マラソンは不向き。その為盾役が全ての敵からの攻撃を引き付ける間に数匹引き抜いて撃破することになる。

各個体ともさほど強くは無いが、敵を撃破するごとに残りの個体が徐々に強化されていくため最後に残す個体は事前に決めておいた方が無難。
強力な範囲技の無いドゥーム屍犬を残しておくと比較的楽。

戦利品


フュエル装備品が同じ枠で、装備品が出なかった場合、フュエルは100%ドロップ(ハズレ扱い)。

名称について

英名の"Whom Wilt Thou Call"は古い言い方で「汝は誰を呼ぶのか」(Whom will you call)という意味。

NMは次のような意味になる。
Grievous Gozar(スケルトン):Grievous=「(傷などが)ひどく痛む、極悪非道の」

Puffy Marshmaw(ドゥーム):
puffyは「突風性の、息切れがする、(怪我などで)腫れた」、Marshは「沼」、mawは「貪欲に飲み込むもの、胃」といった意味。
この場合は「腫れあがった沼地の暴食者」だろうか。

Slimey Simeon(ゴースト):
slimeには粘液という意味の他に俗語でいやなやつという意味もある。この場合は「粘着質のシメオン」といったところか。

Zymotic Zuulie(屍犬):
zymoticは「発酵の」。屍犬なのだから「腐った」という意味だろう。

関連項目

生贄の間】【印章BF
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。