Iru-Kuiru(いるくいる)
イルクイル
NPCの一人「イルクイル」。故人。種族タルタル♂。フェイスタイプはF7B(ヨランオーラン、金髪)。

30年前に三国共同で行われた北の地の三か国合同調査隊に参加した人物の一人。高名な白魔道士であり、生物学者でもある*1

伝説や伝承からタルタル族のルーツを解き明かすという研究をしていたのだが、あまりに突飛な研究だったためか、鼻の院を破門にされている。調査隊への参加は、その研究の手がかりを求めてのこと。現鼻の院院長ルクススの恩師にあたる人物でもある。

北の地の調査から帰国した以後は、ウガレピ寺院に篭ってひとり研究を続けていたのだが、得体の知れない闇の影に襲われ非業の死を遂げた。

「なんだか、イヤな空気で一杯みたいな感じがする……。」

「祖国からの便りが来た。多国籍調査隊にサンドリアから参加したフランマージュ・M・ミスタル氏が死亡したそうだ……。」
「そして昨日、同じく多国籍調査隊で共に歩んだ、我が友ヨー・ラブンタが命を落とした……。」
「私にも、闇が近づいてきているのを感じる。おそらく私は、この研究を終える前に、闇に飲まれるのだろう。やっと、伝説の終点にたどり着いたというのに……」

関連項目

魔晶石を奪え】【Rukususu】【三か国合同調査隊】【Yow Rabntah
Copyright (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。