見張り塔(みはりとう/Watchtower)
西ロンフォールに突き出た城壁の一部。
オークの前線基地ゲルスバ砦を監視し、ランペール門の守りを固めるために造られた監視塔。
結束力の高い6人のパーティが見張りを担当している。北サンドリアの(D-7)から中に入ることが出来る。

見張り塔内部からモンスターへの敵対行動を取らせないための処置なのか、ここでは魔法を使うことが出来ない。
その処置のためか、エスカッションで訪れた際に、クリスタルの塊をクリスタルにバラせないので注意。

塔の由来

西郭の突端に設けられた望楼。
龍王ランペールの時代、西ロンフォールに侵入を繰り返していたオーク兵を早期発見し、ランペール門に常時待機していた王立騎士に報せるため、騎士団長エルパラシオンの発案で築かれた。

6人の監視兵

現在、塔で監視任務についているのは、6名の義勇兵からなる小隊。
ゲルスバ砦が構築され、オークの侵入ルートが変わった昨今では、塔の戦術的重要性は薄れてしまっている。
しかし、王立騎士団に推薦される数少ない持ち場であるため、隊長のビラトロワールを始めとして、隊の士気は非常に高く、後進の指導にも熱心。

関連項目

パーティの心得~初級編】【パーティの心得~中級編】【パーティの心得~上級編
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。