ランペール門(らんぺーるもん/Ranperre Gate)
北サンドリアの西にある龍王の名を冠する門。
北サンドリア西ロンフォールを繋いでいる。ゲートハウスがあり、他国からの移籍手続きも行える。

龍王ランペールの時代、既に西ロンフォールに度々進入していたオーク族対策として、王命で建設された騎兵専用の出撃口。
オークを迅速に追撃できるように「翼門」をいう名だったが、黒龍退治に感謝した庶民によって、この名で呼ばれるようになり、現在では定着している。

なお、西ロンフォールを警備しているPalcomondauはランペール門西門と呼んでおり、Zovriaceは西門南門と呼んでいる。街の外を警備している兵士は独自の呼び方で識別しているのかも知れない。

関連項目

北サンドリア】【ランペール
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。