ピアニッシモ(ぴあにっしも/Pianissimo)
吟遊詩人ジョブアビリティの一つ。
次の歌の対象を単体にしぼり、詠唱時間を半減。

Lv20で習得。再使用時間5秒。
効果時間は1分、あるいは対応した呪歌を使用するまで。

自己中心範囲の呪歌が自PTのメンバー1人を対象とした呪歌に変化する。また、あらゆる呪歌詠唱時間が半分になる。
なお、敵にかける範囲歌(魔物達のララバイ)は単体化できない*1
敵にかける歌(レクイエムララバイエレジー等)を詠唱しても効果が切れることはない*2

テヌートとは同時使用できず、後から使用したほうが有効になる。

再使用時間が5秒と短いので1曲ずつの歌い分けがしやすい。その分、仕事量が増えることになる訳だが。

また、ピアニッシモ状態の歌は、単体魔法と同等の射程となるため、敵の範囲攻撃射程外から仲間を強化することが容易になる。
HNM戦などでは即死級の技もあるので覚えておいて損はないだろう。

なお、ピアニッシモとは音楽で用いられる強弱記号。
楽譜上では「pp」と記され、「とても弱く」という意味がある。
とても弱く演奏することで効果を一人に絞っているのだろうか?

歴史

2007年11月17日のFan Festival 2007で発表、翌2008年6月10日のバージョンアップでようやく実装された。SPアビリティメリポアビを除けば、吟遊詩人にとって初のジョブアビリティとなる。
ちなみに、コミックヴァナ通vol.1によると、当初はメリポアビリティとして実装を考えていたそうである。

当初の再使用時間は15秒だったが、歌の詠唱時間短縮手段の充実に伴い、15秒では間に合わないことが多くなってきたため、2011年9月20日のバージョンアップでは再使用時間が15秒→5秒に短縮されている。

2012年12月13日のバージョンアップで取得LV45からLV20に引き下げられ、次に詠唱する呪歌詠唱時間を半分に短縮する効果が追加された。

関連項目

ピンバラ
*1
この効果を逆手に使い、さながら無詠唱ララバイをばら撒くことも可能である。
*2
詠唱速度短縮装備をすることなく、非常に短い詠唱時間弱体歌を掛け続けることもできるようになる。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。