Laila(らいら)
NPCの一人。
現代、過去世界において登場する。
ジョブ踊り子」関係のクエストで鍵となる人物。
フルネームはライラ・ブリリオート(Laila Brilioth)。

現代におけるLaila

Laila

ジュノ上層(G-7)にて舞踏団の指揮をとっている。

ブリリオート舞踏団の団長。水晶大戦時代に栄華を極めた、バストゥークに伝わる武踊「クリークタンツ」の継承者。本人曰く「みずからスカウトした才気みなぎる踊り子ばかり」の舞踏団に誇りを持っているようで、最初踊り子になりたいといった素性も知れぬ冒険者に対し、難題(実は現代においては不可能な要求)をだして追い払った。また、ブリリオート団の団員からも厳しい人物との評判である

同じ芸能集団であるバレリアーノ一座に対しては、「よせあつめ」等、険のある発言が目立つ。

現代の彼女にとって、誰が鳴らしたとも知らぬその笛の音や、その時同時に手に入れた星くず石(これは現代の彼女が冒険者に、ブリリオート舞踏団に入るのを認めるための条件として提示したもの=現代では存在しないもの)は、ダンスを続けてきた大きな要因のようである。

公式ウェブサイトの読み物『戦場の女神「踊り子」』の冒頭でコメントを残している。
Laila : バレリアーノ一座
バカにされるようなダンスを踊ったら、
タダじゃおかないからね!
Laila : なんだい?
サインなら、お断りだよ。

パーソナルデータ

所在地ジュノ上層(G-7)
NPCLaila
種族ヒューム
フェイスタイプ2A(金髪)
サイズM

過去世界におけるLaila

Laila過去
踊り子関連のクエストに登場する。

少女時代、彼女はくる日もくる日もダンスの練習にあけくれ、やがてダンスそのものが嫌いになりかけていた。しかしある日、星くず石のある場所に訪れた冒険者の目の前で、居合わせた彼女はどこからともなく流れてきた笛の音を聞く。結果笛の音に感銘を受け、再びダンスの道を志すこととなった。
Laila : ダンス
こんなに楽しいものだったなんて
わたし、今まで気づかなかったわ……。

関連項目

踊り子】【プレリュード(クエスト)】【Laila/ネタバレ
Copyright (C) 2002-2012 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

外部リンク

→Final Fantasy XI 公式サイト-戦場の女神「踊り子」 (2007/10/22)
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。