ウィジャボード(うぃじゃぼーど/Yantric planchette)
だいじなもの(一時的に所持するもの)の一種。メナスインスペクターの地下BF入場トリガーリーダーとして各エリアに入場する際に必要となる。

全部で6種あり、だいじなものユグ石BF入り口のエリアごとに分かれている。場所によって以下のテキストを持つ(○○にはユグ石の色が、□□にはエリアが入る)。

だいじなもの対応BF必要ユグ石
ウィジャボード【空翠】地下空洞(ケイザック古戦場)空翠の珪化木
ウィジャボード【紺碧】地下空洞(エヌティエル水林)紺碧の珪化木
ウィジャボード【紅蓮】地下空洞(モリマー台地)紅蓮の珪化木
ウィジャボード【紫電】閉ざされた領域(マリアミ渓谷)紫電の珪化木
ウィジャボード【朽葉】閉ざされた領域(ヨルシア森林)朽葉の珪化木
ウィジャボード【白縹】閉ざされた領域(カミール山麓)白縹の珪化木

入手方法

地下空洞の3か所のウィジャボードは、七支公討伐時に得られるだいじなもの古ぼけた紋章)を所持した状態で、東アドゥリン(G-10)のNPC"Anomaly Expert"にユグ石(珪化木)をトレードすることで入手できる。なお、ウィジャボード七支公討伐時のだいじなものは、同一エリアのものでなくても良い。つまり古ぼけた紋章が最低一つと、対応したユグ石があれば、3つのウィジャボードいずれも入手することができる。

閉ざされた領域の3か所のウィジャボードは、地下空洞ボスのだいじなもの3種(女王針/灼熱の頭骨/瑞々しい尖角)をAnomaly Expertに渡し、「閉ざされた領域」発見のイベントを見ると、ユグ石(珪化木)のトレードを受け付けてくれる。あくまでもウィジャボード入手の条件であり、リーダーでなければ地下空洞クリアでも閉ざされた領域に入場することはできる。

ユグ石(珪化木)は入場口のある各エリアの雑魚モンスタードロップするので、従来のエンドコンテンツトリガーに比べると入手は容易である。

歴史

名称について

ウィジャボードとは死者の霊と交信するための降霊術や儀式等で用いられる文字盤のこと。
アルファベットや数字、Yes、No、Hello、Good bye等がボード上に記されていて、プランシェット(planchette)と呼ばれる穴の空いた小板がボード上の文字を指し示し、単語や文章が綴られる。
日本における「コックリさん」で使用される五十音表や「はい」「いいえ」等を書き記した紙がウィジャボードで、十円硬貨がプランシェットにあたる。
英語版表記ではYantric planchetteとなっているが、ウィジャ(Ouija)とはフランス語で「はい」を意味するOuiとドイツ語で「はい」を意味するJaを組み合わせた造語。

関連項目

メナスインスペクター】【ユグ石】【七支公】【古ぼけた紋章
*1
BF突入時に表示されるBF名は「閉ざされた領域」だが、だいじなものでは「閉じた領域」となっており、表記揺れが起きている。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。