ムー・サジャ(むー・さじゃ)
天晶暦589年頃のヤグード教団現人神

同年12月、東の国の使節団を受け入れ、国交を開いたことで知られる。

元々この使節団は星の神子に親書を渡すためにウィンダスを訪れたのだが、異教徒であることを理由に断られ、使節団の代表のが親書を渡す相手を独断で変更した末の出来事だった。

本来ヤグード教団ウィンダス以上に宗教に関して非寛容なのだが、ムー・サジャは遠交近攻の観点から、あえて宗教問題を不問として使節団の少女たちを厚遇。自らしたためた親書を渡し、屈強なヤグード兵100名を少女たちの終生の家臣として護衛につけ、東の国まで無事送り届けさせたという。

その後東の国ヤグード教団の蜜月は、闇の王登場まで200年以上も続けられ、刀や数珠、忍者といった東方の文物がヤグードに取り入れられ、定着していった。

現在でもヤグードの装飾品や武器には東の国の強い影響が見られるほか、冒険者東の国で生まれ育ったヤグードを見る機会があるなど、彼(彼女?)の決断は現在にも色濃く影響を残している。

関連項目

現人神】【ヤグード】【東の国
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。