エルメス(えるめす)
  1. エルヴァーンの女性のこと。エル♀とも。
  2. ギリシャ神話に登場する神のこと。

エルヴァーンの女性

一部の殿方には絶大な人気を誇るのだが、ヴァナ・ディールにおける冒険者の人口は少なく、ヴァナ・ディール国勢調査において永年最下位をキープしている。
サンドリア王国は緩やかな人口減少の傾向があるそうだが、もしかすると女性の出生率低下が問題では……?と考える人もいるが、これはあくまで冒険者の人口であるため、サンドリア王国の抱える人口減少問題とはまた別の問題である。

ギリシャ神話に登場する神

オリンポス十二神の一柱。ゼウスの伝令役であり、「霊魂を冥界へ導く者」「霊魂の導師」と呼ばれる。ギリシャ語の‘Ερμης(エルメース)をラテンアルファベットで綴る場合、先頭のΕが帯気音であることからHeとなるため、ヘルメスともいう*1
羽の生えたサンダルを履き、さきに輪(あるいは蛇)のついた杖(カドゥケウス)を持ち、風のように速く走る。頭の回転が速く、すばしこいので、商業や貿易の守り神であり、泥棒の守り神でもある。魔術・文学・医学・オカルト知識を司り、エジプトのトト、ローマのメルクリウス(マーキュリー)と同一視された。
FFシリーズに「エルメスの靴」と言う装備品が頻繁に登場する*2エルメスの神にちなんでヘイスト効果がある。FF11でもとんずら効果の薬品としてエルメスクエンチャ移動速度の上がる靴エルメスサンダルが登場する。

関連項目

エルヴァーン
*1
Wikipediaではヘルメース、岩波文庫ではヘルメス。更に調べたい場合にはヘルメスで検索するとよい。
*2
FF11においても、PlayStation2版のβテスト時にのみ存在した。移動速度が25%アップするという優れたアイテムだった。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。