バラカフ事件録(ばらかふじけんろく/Five Seconds of Fame)
アトルガンクエストの一つ。

依頼主アトルガン白門イフラマド港(I-6)にいるバラカフ(Balakaf)。
バラカフ回想録クリア*1した後にオファー可能。
虚影の器」で
珍しい出来事を記録してきてほしい。

依頼内容は、アトルガン白門で起こる事件の決定的瞬間を撮れというもの。
全部で5つの事件があり、それぞれ順不同で同日内に複数をこなすこともできる。

特定のNPCに話しかけるとイベントが発生し、その後ヴァナ時間が一定時刻の間に別のNPCに話しかけることでムービーが始まる。
このムービー中に選択肢が出ていて、記録を選ぶとそこから数秒間が虚影の器に記録される。

撮影が終わったら一件ごとにバラカフに報告し、定められた条件を満たした場面が撮影できていれば成功となる。
撮影に失敗しても、エリアチェンジをすることで再び撮影が可能。

5件の撮影に成功してその都度バラカフに報告し、事件の関係者から後日談を聞いた後でバラカフにもう一度話しかけるとイベントが起きてクエストクリアとなる。

報酬アトルガン青銅貨×3、アトルガン白銀貨×2、アトルガン霊銀貨×1。称号は「バラカフ発明品の使い手」。

場所や天候などの条件が厳しかった前クエストバラカフ回想録」に比べると、天候は不問で場所もアトルガン白門のみでこなすことができる。

クエストバラカフ事件録クエスト
バラカフ回想録

撮影方法

撮影を中止した場合、再度イベントを起こすためには基本的にエリアチェンジが必要になる。また、時間外に話しかけた場合もエリアチェンジが必要になることがある。

座標は全てアトルガン白門内のもの。
話しかける順番撮影のタイミング撮影時間
大道芸人のZyfhil(F-8)→Talwahn(F-8)と話す。スリ(金髪マゲヒュム)がターゲットの後ろに移動したあたりから記録開始。ターゲットは3パターンある。15:00~?*2
Ulamaal、Qutiba(K-12)→Ratihb(J-12)、選択肢はQutibaから物足りないと指摘された物を選ぶ*3→Zubyahn(K-12)と話す。カボチャ頭がカウンターから離れたあたりから記録開始。5:00~?
Hishahma(K-8)と話す。兵士が3回目に目の前を横切るところ(左から右)から記録開始。12:00~?
MushayraとHadahda(F-10、モグハ入口2F)→Tehf Kimasnahya(F-8)の順で話す。女性が柱近くで2回目に立ち止まったあたりから記録開始。14:00~?
Ahaadah(G-6、錬金術ギルド前)→Mathlouq(F-6、錬金術ギルド内)→Nijaom(F-7)と話す。向かい合うあたりから記録開始。20:00~?

関連項目

撮影
*1
全ての風景を撮った後、アトルガン黄金貨を入手して渡すところまでやる必要がある。8回風景を撮ってきただけでは発生しない。
*2
15:00~でスリが出現せず、4:00前後(3:00~?)にTalwahnに話して出現したケースあり。バグか仕様変更の可能性があるため要注意。2014年1月、4:10と4:20にスリ出現を確認。
*3
食材、香辛料、水の3通り。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。