照英 in ヴァナ・ディール(しょうえいいんう゛ぁなでぃーる)
2011/11/10-2011/11/24の間、公式サイトで「フリートライアル」版の宣伝の一環として打ち出された新企画。
俳優の照英氏を「ファイナルファンタジーXI親善大使」として起用し、その画像をFF11の画像に埋め込みコラージュ作品を募集するというもの。そのためこの企画を「照英コラージュ」と呼ぶ人もいる。

この企画が一回で終わるのか、別の展開があるのかは不明。

応募作品は照英氏自身が確認・選定の後、特設サイトにて2012/02/03正午-2012/02/06正午の3日間限定にて公開された。

ノミネート作品

・五蛇照が泣きながらビシージしてる画像
ビシージ中のMihli Aliapohの顔を照英氏とコラージュした画像)
照英の空へ向かう船
飛空艇から見た日の出と照英氏のコラージュ画像)
照英ヴァナ・ディールを救うために号泣したり憤怒したり歓喜しながら立ち上がる画像下さい!
(タイトル画面の冒険者たちの顔を照英氏とコラージュした画像)
・おいしい照英を作っています。(in 照英ギルド
調理ギルドNPCHakeem)がこねている生地と照英氏のコラ画像)

参考

他の業界の有名人を起用した企画は初めてではないが、そのインパクトFFXIのプロモーション施策全てと比較しても規格外だったと言えるのではないだろうか。

照英氏のコラージュ作品というのはFFXIのプロモーションに始まった話ではなく、ニュー速VIPなどで「照英が○○している画像ください」などといった非公式のスレが立っており、照英氏としても好意的に受け止められていた(参考:→Wikipedia:照英)が、今回の企画はこうした動きに追随して立てられたものだと考えられる。

FF14の公式コミュニティサイト「The Lodestone」でも、FF14の舞台「エオルゼア」の風景に照英氏をコラージュした画像を日記に掲載するといった動きが見られた。本来の意図と合っているかどうかは疑問があるが、照英氏の認知度の向上や、FF14プレイヤーFF11振り返らせるきっかけ等、宣伝効果は上がっていたと言えるだろう。

開催当時や素材画像の特設ページ→http://www.finalfantasyxi.jp/show-a/があったようだが、2011/11/30現在は→http://www.finalfantasyxi.jp/vanatv/(ヴァナTVのホームページ)にリダイレクトされており、キャッシュ等を駆使しなければ見ることはできない。
Twitterの公式アカウント@FFXI_JPによる告知Tweet「→照英が泣きながらヴァナ・ディールに降臨している画像ください」は閲覧可能。

関連項目

照英】【ヴァナTV
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。