岩尾賢一(いわおけんいち)
イベントチームの元開発スタッフ

スタッフロールでは“タウンマップ、エコノミック、トレードスキルデザイン”担当となっている。
プレイヤー間ではFF11の世界観設定を一手に手がけた人物として知られており、事実ミッションクエスト担当のライターが相互に設定の整合性を確認する時、氏も参加して話し合いをすることになっている、とのこと。本人曰く"イベント担当が縦の軸を作るなら、自分は横の軸を作っている"。また河本ディレクターによれば、氏の頭の中にのみ存在する設定が山ほどあり、時折様々な形で外にでるらしい。

かつては『ヴァナ・ディール トリビューンII』の執筆も行い、現在は期間限定イベントなどで、公式サイト上に告知を兼ねたショートストーリーを執筆していた。→ファイナルファンタジーXI 公式設定資料集 ~Life in Vana'diel~でも、一部は自ら執筆を手がけている。

FF11の開発初期から大規模なバトルに憧れ、ビシージのシステムをあたためてきたが、『アトルガンの秘宝』で(曰く「多くの問題を残してはいますけれど」)ようやくその念願が叶った。

武器・甲冑マニアとして、その世界では知られた人物で、和洋中問わず多くのコレクションと知識を持つ。
また、自他共に認めるミリタリーマニアであり、装備以外にも組織、運用面に関しても見識である。
本人が公の場に出ることは少ないが、開発者トークイベントではよく他の開発者からネタにされている。(「仕事が多忙を極めると(本物の)鎧を買ってしまう」「ブースに(本物の)兜が並んでいる」など)
事実、彼の机近辺にはコレクションが並んでおり、社員で知らぬ者は居ないくらい有名である。時折、コレクションを磨く彼の姿が見られる。

米国アナハイムで開催された「FINAL FANTASY XI Fan Festival 2007」において、ヴァナ・ディールの歴史についての解説を担当した際に日本兜を被り登場し、観客の注目を浴びた。

FF11以前には『パラサイト・イヴ2』でディレクターとシナリオを手がけている。FFXIVの開発においても、プランナーの1人に名を連ねている。
FF14ではコンセプトデザイナーとして活躍していたが2011年9月からモバゲーを運営する株式会社ディー・エヌ・エーに転職している。
2014年には『キングダムハーツ』シリーズや『ディシディア ファイナルファンタジー』シリーズを手がけた池田隆児氏と共にゲーム会社「オリフラム」を創設した。

関連項目

スタッフ】【ヴァナ・ディールの歴史
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。