アトルガンの悲報(あとるがんのひほう)
拡張ディスク第3弾「アトルガンの秘宝」の追加に伴う多くの悲しい出来事。
当項では導入当初に起きたリトライ祭り関連事情について説明する。
その他に"悲報"と呼ばれた出来事にはビシージ時における人口集中によるログイン障害などがある。こちらは2006/05/24パッチによってかなり緩和された。

リトライ祭りの経緯

1.アトルガン解禁(4/20(木) 11:00)する少し前から既に「現在、拡張コンテンツの登録手続きが非常に混雑」していた。休日明けにようやく改善の兆しが見られたかと思いきや、発売から一週間近くたった2006/4/26(水)6:00の時点ですら解決に至らない状態であった。

2.スクウェア・エニックスからの発表によるとサーバーの混雑が解消されたのは4/24(月)、回線の混雑の解消が報告されたのは4/29(土)3:45であったが、5/1(月)にて再び混雑で利用料金の支払いやID登録が不能となり、問題解決に対する見通しの甘さが指摘された。

3.それらの問題を乗り越えてログインすればネタバレが飛び交い、ミッションクエストアサルト等々には出遅れと不公平極まりない事態となった。特にミッション関係はオファーリアル0時を越える必要が有り、発売日開始組との差が顕著に出た。

4.同時期に実施されたウェルカムバックキャンペーンが混雑を激化させたと思われ、そして混雑のために関連手順を進められなかったため、同時期にウェルカムバックキャンペーンを実施した運営の方針が疑問視される。

5.こういった現象はPS2サービス開始から各拡張ディスク発売時に必ず発生しており、改善の気配が見られていない。例え一過性だとしても予見できる問題に対して目に見える対策を取らなかったため、ユーザー側からは誠意と思慮が足りないと受け止められた。リトライ祭り期間中は再三にわたりログインの自重を求める呼び掛けがなされてはいるが、有効な対策とは見なされていない。なお、事態が沈静化したとされる4/28付けでジェネラルマネージャー名義の謝罪とまとめ報告がなされているがユーザーにはあまり周知されていないようである。

6.この現象が日本からの接続で確認されているが、他地域からの接続者には見られなかった。*1地域によるサービス体制の違いなどから、ネ実などのコミュニティサイトで不安や流言が飛び交う事態になった。

スクウェア・エニックス側の発表

  1. →登録情報管理サーバーのアクセス集中について(4/20)
  2. →登録情報管理サーバーのアクセス集中について(4/20):続報
  3. →登録情報管理サーバーのアクセス集中について(4/20):続報2
  4. →登録情報管理サーバーのアクセス集中について(4/20):続報3
  5. →登録情報管理サーバーメンテナンス作業のお知らせ(4/21)
  6. →登録情報管理サーバーのアクセス集中について(4/21):続報5
  7. →拡張コンテンツの登録ができない問題について
  8. →登録情報管理サーバー アクセス集中緩和のお知らせ(4/28)
  9. →拡張コンテンツの登録ができない問題に関するまとめのご報告(4/28)

関連項目

リトライ祭り
*1
アメリカやヨーロッパに住んでいるプレイヤーからの情報。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。