インクァルタタ(いんくぁるたた/Inquartata)
魔導剣士ジョブ特性の一つ。青魔道士追加特性として取得できる。
受け流し率にボーナスを得る。

ランク習得レベル受け流し
11599+5%
24599(G)+7%
37599(G)+9%
490-+11%

魔導剣士Lv15で習得し、Lv90で最大ランク4となる。以降は「インクァルタタ+」の装備品によって数値分ランクを上げられる(+1につき2%)。
サポ剣の場合、サポLv49でランク2相当が得られる。

青魔道士は、サウリアンスライドをセットすることで1段階目を得られる。ジョブポイント100と1200使用時のギフトジョブ特性効果アップ」があればさらにランクアップする。

魔導剣士タクティカルパリーも覚えるため、相乗効果でTPを溜めやすくなるという効果もある。

今のところ装備で効果を増やせるのは魔導剣士のみとなっている。
上記の通り数値分ランクが上がるので、実際に上がる受け流し率は+1につき+2%である。
種別名称効果装備レベル
両脚エリラズレグガードインクァルタタ+1Lv99~ IL109)
ERレグガード+1インクァルタタ+2Lv99~ IL119)
オーグマケープインクァルタタ+3Lv99~

名称について

インクァルタタとは、イタリア語で「四分された」の意味。フェンシングの構えの一種として使われる。相手に対して身体を横に向けた半身の構え、というと分かりやすいだろうか。
フェンシングだけでなく、拳銃の構え方でも用いられる。

関連項目

魔導剣士】【青魔道士】【受け流しスキル
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。