クラウツ橋(くらうつばし/Kulatz Bridge)
バストゥーク商業区の南西側(F-9)~(E-11)あたりにある橋。

モルヒェン灯台でも有名な、建築士クラウツの設計である。かつては簡単に壊せるが不便な橋がかかっていたが、サンドリアが内乱(二王時代)に突入して国境が安定したため、700年代初頭に作られた。

落成時は「白鳥橋」という名が付けられたが、いつの間にやら「クラウツ橋」という名が定着した。上には3軒並びの家もあり、1階が店、2階が民家となっている。

なお、後に建造されたジュノ大公国ヘブンズブリッジを設計する際の参考にもなっている。

サービス開始初期は、バストゥーク寝バザー通りとして大変栄えた歴史があるが、競売所実装以後は自然解消した。

クラウツ橋の隣人シリーズと呼ばれる連続クエストの舞台になっている為、割と名前を覚えているプレイヤーも少なくない。また、ウラ(Ulla)水晶大戦以前ここで花屋をしており、「街角の姫」などと呼ばれていた。

PlayOnlineにて、FFXI開始のための「プレイ」ボタンを押す画面に表示される風景のひとつでもある。

クラウツ橋

関連項目

クラウツ橋の隣人】【総合武器店ドラゴンクロー】【装甲のブリュンヒルデ】【ミョルの雑貨屋
Copyright (C) 2002-2011 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。