Dhokmak(どくまく)
Dhokmak
冥王ハデスに仕える三魔君の一柱。変妖君ドクマクプロビッド族

異様な見た目で、発言もまた異様な片言。知能はそれほど高くはないようだが、体からを放出し、またアクエフ族を手下として従えており、戦う相手を消耗させて殺すのを得意としている。

初代王の時代から冥王ハデスに仕えており、シルダス洞窟で初代十一騎士のうちシルダスエヌティエルマリアミヨルシアと矛を交えている。

最終的にはエヌティエルによってトドメをさされたが、シルダスマリアミヨルシア、そしておそらくエヌティエルパートナーであるワイバーンのイジー*1がこの戦いで命を落とすなど甚大な被害を与えた。

また、死ぬ時にウルブカの地呪いをかけており、パンジェント・ファンガスはこの呪いによって生まれたらしい。また、エヌティエル水林に侵され、変わり果てたのもドクマク呪いによるもの。自然を塗り替えるほどの影響力を持ち、モリマードクマクを「特に厄介」と評している。

現代では冥王ハデスの復活に伴って復活し、開拓者の前に立ちはだかることになる。

「呪呪呪呪呪呪呪呪!」

関連項目

ハデス】【三魔君】【世界樹の導き】【Pungent Fungus
Copyright (C) 2002-2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
明確な描写はないが、ドクマクが死ぬ時には地に倒れ伏している。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。