ヴァナ・ディール通信(う゛ぁな・でぃーるつうしん)
ファミ通を発行しているエンターブレイン社が発行したFFXIのムック本。

ジラートの幻影までを対象とした「白書」の後、プロマシアの呪縛発売前から不定期に出版されている。

  1. die: amazon error link parameter = https://www.amazon.co.jp/dp/4757720319503 Service Unavailable
  2. die: amazon error link parameter = https://www.amazon.co.jp/dp/4757723059503 Service Unavailable
  3. die: amazon error link parameter = https://www.amazon.co.jp/dp/4757723709503 Service Unavailable
  4. die: amazon error link parameter = https://www.amazon.co.jp/dp/4757725329503 Service Unavailable
  5. die: amazon error link parameter = https://www.amazon.co.jp/dp/4757727100503 Service Unavailable
  6. die: amazon error link parameter = https://www.amazon.co.jp/dp/4757728107503 Service Unavailable
  7. die: amazon error link parameter = https://www.amazon.co.jp/dp/475772893X503 Service Unavailable
  8. die: amazon error link parameter = https://www.amazon.co.jp/dp/4757731086503 Service Unavailable
  9. die: amazon error link parameter = https://www.amazon.co.jp/dp/4757734751503 Service Unavailable
  10. die: amazon error link parameter = https://www.amazon.co.jp/dp/475774062X503 Service Unavailable
  11. die: amazon error link parameter = https://www.amazon.co.jp/dp/4757746296503 Service Unavailable
  12. die: amazon error link parameter = https://www.amazon.co.jp/dp/4757748736503 Service Unavailable
  13. die: amazon error link parameter = https://www.amazon.co.jp/dp/4047260916503 Service Unavailable
  14. die: amazon error link parameter = https://www.amazon.co.jp/dp/4047265098503 Service Unavailable
  15. die: amazon error link parameter = https://www.amazon.co.jp/dp/4047267856503 Service Unavailable
  16. die: amazon error link parameter = https://www.amazon.co.jp/dp/4047270369503 Service Unavailable
  17. die: amazon error link parameter = https://www.amazon.co.jp/dp/4047276464503 Service Unavailable
  18. die: amazon error link parameter = https://www.amazon.co.jp/dp/4047290092503 Service Unavailable

本誌はムック本の体裁を取っているため、数多のFF11書籍の中では珍しく広告掲載が行われている。DVDムック扱いになっている本には、様々な映像を収録したDVDが付属している。

基本的には、特集した主題に関する情報を軸としつつ、読者投稿ページや出張版浜村通信など、本誌であるファミ通を踏襲したような構成を取っている。
これは、ヴァナ・ディール通信の編集長によると、「もともとは、ファミ通テイストを出すため」であり、「ヴァナ通を、『FFXI』にまつわるバラエティ雑誌にしようっていうもくろみがあった」ということだ。*1

皆川史生氏や池田柚規氏などが執筆した漫画やイラストによるビジュアル面に力を入れているのも特徴。
また開発者やプレイヤーへのインタビュー記事や、記者たちの座談会なども掲載されており、特に編集長と記者達のコーナーは良くも悪くもファミ通ファミ痛)的なため好き嫌いが分かれるところである。

先述の通りイラストレーターを複数採用し、写真なども多用しているので、ビジュアル的な強みはあるものの、記事構成の悪さが災いし生かされていないとの指摘がある。
また、攻略情報に関して言えば、他社の攻略本に比べるとページ数の割に文章量が少ない、執筆者の主観が見られる、内容的に偏っていて万人向けとは言えないという声が多いようだ。
もっとも、編集長いわく「攻略要素に関しては、電撃さんから、厚い本が出てたでしょ?だから、少し違った角度から攻めようと思ったわけ。」と語っていることから、攻略以外の要素をクローズアップしたかった編集方針と、攻略情報を中心に考える読者層の要求とがズレていたという見方もできる。

関連項目

攻略本】【白書】【ファミ通】【浜村通信】【ファミ痛
ヴァナ・ディール通信 blog】【コミックヴァナ通
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。