Soupox(すーぽくす?)
NPCの一人。ゴブリン
2014年5月15日のバージョンアップで追加された。

リファーリア(H-8)でショップを営んでいる。
辺境なだけあって、ここでしか買えないものも見受けられる。
Soupox : ここ見つけるとは
かいたくしゃ、やるもんだな。
記念だ、なにか買ってけ。

実装時点では極めて無口で、話しかけると何も言わずに商品を見せていたが、2014年6月17日のバージョンアップで台詞が追加された。

僻地ゆえのアクセスの悪さが難点だったが、2014年11月10日のバージョンアップHome Pointリファーリアに追加されてからは気軽に買い物に来られるようになった。

Soupox

取扱い商品一覧

商品価格
森のジュース2,490 G
どんぐり8 G
モコ草20 G
シャクリタケ60 G
森の香草の種252 G
森の果実の種252 G
森の腐葉土252 G

開発秘話

開発者インタビューでは、このエリアゴブリンが配置された経緯が明かされている。最初は何も言わずに商品を見せる仕様だったのは、元々喋れないリフキンが売り子だったからかも知れない。
――新エリアリファーリアには、アイテムの売買が可能なゴブリン族がいます。なぜここにゴブリン族なのでしょうか?

齋藤:最初はリフキン族ショップを用意しようかとの案でしたが、設定としてリフキン族は人語をしゃべることができません。さらにリフキン族ギルを要求するのも変だという意見がありました。だからといって、ベヤルドと交換する仕組みをここだけのために作るにはコスト的な問題もありました。その結果、どんな場所にもいるゴブリン族ならそれほど違和感はないだろうということで配置しました。

→『ファイナルファンタジーXI』フィナーレを迎えた『アドゥリンの魔境』ミッション。知られざるミッションの秘密を聞くため、開発チームにロングインタビューを敢行!より)

関連項目

ショップ】【アドゥリンミッション
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。