カリエイ家(かりえいけ/The Order of Karieyh)
アドゥリン十二名家の一つ。
古くは猿騎士家と呼ばれ、
パイオニア・マイスターを務めている家系。
現在の当主はレイ・ランガヴォ
開墾や農業、サバイバル技術を学ぶ者が多く、
開拓業に就く者が多い。これまで群島プラントを
利用した農業や漁業で活躍してきた家。
西アドゥリンPIO.ワークス横に屋敷を構える。

セレニア図書館の書物より)

初代当主(猿騎士)はヤッセ・カリエイであり、ヤッセの狩り場に名を残している。猿騎士の名はヤッセ・カリエイの自然を有効に活用する戦い方を身軽な「猿」に喩えたことから。

元々は農業や漁業を担当する家系だったが、パイオニア・ワークスが創設され、カリエイ家当主がそのマイスターに就任したためか、その役割も変化しているようだ。

カリエイ家にゆかりのあると思われる装備カリエイオーベール一式が存在し、PCK.ワークスもこの装備と思われる装備を制式装備に採用している。

関連項目

神聖アドゥリン都市同盟】【十二名家】【カリエイオーベール
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。