/yellsw(えーるすいっち)
テキストコマンドの一つ。エリアシャウト「Yell」の実装に伴い、2011年7月12日のバージョンアップから追加された。

Yellのチャットフィルターをon/offする。
/yellsw サブコマンド
/yellに対応するチャットフィルターをon/offする。
>>サブコマンド
on  チャットフィルター[Yell]を有効にする。
off チャットフィルター[Yell]を無効にする。
なし onとoffをスイッチ切り替えする。

チャットフィルターのon/offを操作する初のコマンド。

/yellswは、Yellのフィルターをon/offするスイッチで有ることに注意。
Yellを聞きたい場合はoff、聞きたくない場合はonに指定する必要がある。
/yellsw onを「Yellを聞くためにスイッチをonにする」と考えると、逆の操作をしてしまうことになる。

オプションを指定しない場合、状態がトグルで切り替わる。
現在チャットフィルター[Yell]は有効な状態です。
現在チャットフィルター[Yell]は無効な状態です。

「有効な状態です」と表示されると、Yellが聞こえなくなっている。
Yellを聞くのであれば「無効な状態です」と表示された状態にすること。

オプションの指定に混乱するようであれば、このコマンドを使わず、メニューからチャットフィルターの設定を開いて設定してしまうのが最も確実だろう。

歴史

Yell実装当初は、ログイン時に自動的にYellフィルターがonになる仕様だった。さらに、/yellswコマンドの操作をした後に現在フィルターがどちらの状態になっているのかが表示されないため、/yellswだけを入力したときのトグル切り替えがとても使いにくかった。

開発がフィルターをデフォルトでONにした理由は、→公式フォーラムで確認できる。
ログに現在のフィルターの状態が表示されない問題は、ユーザーからの指摘を受けて、今後対応するとの回答が得られた。

2011年7月26日のバージョンアップにて、自動的にフィルターがONになるのが廃止され、/yellswにて現在のフィルターの状況がログに表示されるように変更された。

関連項目

/yell】【チャットフィルター
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。