気晴らしのススメ(きばらしのすすめ/The Man in Black)
アドゥリンミッション第3章第4節。
テオドールに会いたければ
MUM.ワークスにいくよう教えられた。
気分転換を兼ねて、遊びにいこう。

西アドゥリンにある、MUM.ワークス(G-10)のMasadに話しかけるとイベントになり、次節に移る。

また、だいじなもの星唄の煌めき【三奏】」を所持していれば、Curio Vendor Moogleから「これであなたも『お遊戯王』」を購入できるようになる。

このだいじなものを購入することで、次ミッション王の見つめし先は」中のミニゲームをスキップして進行することができる。

とは言え、前説クリア後にすぐ購入してMUM.ワークスに行ってしまうと
いきなりテオドールの負け宣言と申し訳程度のフォロー台詞からイベントが始まるので話が繋がらなくなってしまう。
時間が無い等でもなければ一度は普通に勝負をしてみると良いだろう。


前節気晴らしのススメ次節
澄み渡る空王の見つめし先は

名称について

英題は「Men in Black」のパロディか。これは主にアメリカにおけるUFOや宇宙人と関係する都市伝説で、おおよそ「UFOを目撃した人物の前に、黒スーツに黒いサングラスをした男たち(=メン・イン・ブラック)が現れ、余計なことを話したり嗅ぎまわったりしないように警告する事例が発生した。あれは政府機関のエージェントか、それとも宇宙人側の人間か……」というような話を基幹にしている。なお「都市伝説」と前述したように、件の「メイ・イン・ブラック」の存在を裏付ける根拠はなにひとつ存在しない。
本邦ではそれをモデルにしたウィル・スミス主演の同名映画でその名が有名だろうか。

関連項目

アドゥリンミッション
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。