野良カーディアン(のらかーでぃあん)
外ホルトト遺跡西サルタバルタの南西の魔法塔など)を徘徊する人を襲う古いカーディアンたちを指す。

カーディアンは「主人」という概念があり、その概念がある限り「主人」として認識している者の命令に従う。しかし何らかの理由で一度その概念が失われると一切の命令に従わなくなり、概念も二度と復活することはない。これを「壊れたカーディアン」と呼ぶ。一般的にこれら壊れたカーディアン魔法塔に集まって野良カーディアンになったと信じられていた。

だが最近野良カーディアンたちの王「ジョーカー」なるものが現れ、カーディアンたちを統率しているという。主人の概念が失われたはずの彼らが何故王を認識できるのか。一切謎に包まれている。

野良カーディアンたちはクリスタル戦争の時代から生きているせいか、新世代のカーディアンのような片言(星言葉)ではなく、流暢に言葉を喋るのが特徴だ。


関連項目

野良カーディアン/ネタバレ
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。