Kujata(くじゃた)
ワールドサーバーの一つ。No.23。通称「クジャ、スジャータ、孔雀」など。
2002年12月19日に実施されたワールド分割に伴い新設されたワールドの一つ。

2010年3月23日のバージョンアップValeforへ統合された。

FFシリーズにおけるクジャタ

FFVIIにおいて牛の姿をした召喚獣として登場する。「トライディザスター」で火雷氷の複合ダメージを与える。前脚を叩きつけて大地を振動させるエフェクトのため、一見土属性のように見えるが、実際には異なる。

出典

イスラエルで伝えられている巨大な聖なる牡牛*1

背中のコブからは柘榴石かルビーが取れるが、非常に巨大なため、頂上まで上ったものはいないとされる。毛は魔除けの力を持つとされる。

関連項目

ワールド】【Valefor
*1
→クジャタ(Wikipedia)
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。