Guivre

Guivre(ぎーう゛る/ぎーヴる) / 逆引
クフタルの洞門、およびルホッツ銀山に出現するワイバーン族HNM

【画像:Guivre】

クフタルの洞門

2003/12/16のバージョンアップから追加された。

出現条件

19時間前後での時間ポップ型。出現から一定時間で自然消滅する。1時間〜2時間強経過時の自然消滅が確認されている。

感知能力について

視覚感知アクティブ視界は長め。
シーフかくれるタゲが切れるので、覚えておくと良いかもしれない*1
インビジ見破ることはないが、足が速いため視認してから詠唱したのではまず間違いなく手遅れになる。事前にかけておくのが望ましい。

特徴

他のHNMと異なる点として、一定の箇所に留まらず、ほぼエリア全体をランダムに歩き回るという点がある。アトルガンの秘宝実装される以前、同エリアLv50台以降の狩り場の一つであり、またLv60台の狩り場の一つであるテリガン岬への主要ルートであり訪れる人も多かったが、Guivreの追加以降は大事故の発生する危険性を孕んだエリアと化した。

その上、戦利品の魅力に乏しく、討伐対象としての価値は殆ど何も見出せない。HNMクラスの強さということもあって、『ただの邪魔者』という見方が専らである。
NMであるがゆえに生息域の概念が適用されず、運悪く絡まれた場合、考えもなく逃げ出すと他のPCに多大な迷惑をかける危険性がある。文字通り悪名高きモンスターと言えよう。

現在では一定時間が経過すると消えてしまうようになったので、見かけること自体が稀になっている。
NMのほとんどがアイテム目的で出現と同時に倒されてしまうヴァナ・ディールの中で、クフタル名物の「暴れん坊」として名を馳せたまさに「悪名高いモンスター」だっただけに、惜しむ声も多い。
…だったのだが、最近ではクフタルはメイジャンの試練で賑わいを見せているため、一時期よりは被害に遭う人も多くなっている。
レベルキャップの解放から少人数でも倒しやすくはなっているとはいえ、戦闘中などに突然殴られた際の恐怖は健在。

戦利品

ギーヴルの頭骨飛竜の皮飛竜の翼

同じワイバーン族NMでも、エンハンスソードの「Bune」やゲイボルグの「Vouivre」と違い、これといって目玉になるアイテムを落とすわけでもないので好んで狩るLSもない。

ルホッツ銀山

出現条件

過去世界バストゥークエリアグスタベルグ戦線デルフラント戦線)でSandwormHPを3割くらいまで削ると、固有WSドゥームヴォイド」で範囲内のアライアンスメンバーはBFルホッツ銀山)に飛ばされ、そこでGuivreLambton Wormのどちらかと戦うことができる。戦闘時間は最大1時間。

特徴

クフタルの洞門のギーヴルと同じく巡回&静止を繰り返している。釣っても反応せず、見つかることによってのみ戦闘に突入する。

HP1割毎に逃げ出し、再びエリアを巡回する。逃げ出した瞬間に弱体魔法がリセットされ、しばらく魔法を撃ち込むことができなくなるため、逃げるのを止めるのはおそらく無理。

ほぼ常時ダブルアタックという攻撃能力に加えリゲインを持っており、見つかった瞬間にWSを撃ってくるので注意。スタンを撃ち続けるといずれ耐性がつく。

戦利品


出典

中世フランスの伝承に出てくる大蛇。フランス貴族のヴィスコンティ家の紋章にも描かれる、通称「人を食らう(又は呑む)蛇」。人を咥え冠をかぶった蛇として描かれている。イタリアのミラノ市近郊の沼地に住み非常に狂暴で人を襲い食らったが、ヴィスコンティ家の祖ウベルディがこれを退治する。後にギーヴルが住んでいた沼地を埋め立てて教会を建て、これを記念としてヴィスコンティ家はギーヴルを紋章に使うようになった。またヴィーヴル(Vouivre)と同一視されることもある。

関連項目

クフタルの洞門】【ルホッツ銀山】【ワイバーン族】【ギーヴルの頭骨】【ザッハークメイル】【ブラックタスラム
Copyright (C) 2002-2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
もっとも、当該エリア聴覚感知アクティブモンスターだらけなので、とんずらかくれるで逃げようにも、生き延びる事が困難であることには違いない