Dalzakk

Dalzakk(だるざっく) / 逆引
NPCの一人。ガルカF4
生没年:天晶暦835〜。

現代でのダルザック

バストゥーク商業区クラウツ橋に居を構える熟練冒険者ジョブモンクで、オグビィ(Oggbi)の弟子。

一年の大半を冒険に出て過ごし、自宅にはほとんどいない。最初の所属国バストゥークにした場合、オープニングイベントに彼が登場するパターンがある(この時も冒険に出かける途中である)。

ミッションの際も、プレイヤー達と共に国から任務を受けている様子がみられ、かなり年季が入っているようだ。豊富な経験からくる確固とした人生哲学を有し、同居しているガルカの少年グィル(Gwill)や隣人であるエルヴァーンのミシェア(Michea)の良き相談相手になっている。

ゲーム内では彼らの絡む「クラウツ橋の隣人」シリーズと呼ばれる連続クエストモンクAF取得クエストにて登場する。
「自分のことを職人だと自覚するなら、タダで仕事をしないことだ。」

過去世界でのダルザック

Maruna-Kurina : 知るヒトぞ知る遍歴の修道僧、オグビィ(Oggbi)に格闘術を
学んだという、「冒険者」を名乗るガルカだよ!
ソロムグ原野で走り込みをするのが日課らしい。
「士気」の高い軍の人に話しかけられると、じっとしてられなくなるらしいね。
あと、自分と同じ、拳のワザをきわめんとする者とは話があうみたいだよ!
そうそう、師匠が応援に駆けつけることもあるんだってさ!
ヒロイズムゲージ」に注意して観察してみて!

いわゆる何でも屋を生業とする好漢。自身を「冒険者」と称している。遍歴の修道僧オグビィに師事して臥竜の滝で修行を積み、目録を得た格闘家であり、また、目の院ニュモモと机を並べて、修辞学を修めた文人でもある多能な男である。星空を宿に自由と孤独を楽しんでいたが、獣人軍に襲撃されたバストゥークの近郷を助けに行った際、ひょんな経緯から孤児を養女として引き取ることになってしまい、あわてて住む家を探しているようだ。

ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団 編 ヴァナ・ディール公式ワールドガイド アルタナの神兵編より

カンパニエバトルに参戦するNPCゲスト)として登場する。ソロムグ原野〔S〕(I-7)と(K-10)の間で走りこみをしているようだ。

幼少の頃から古の記憶を幻視する病に悩まされていた彼は、後に師となるオグビィと出会いそれを克服したという。オグビィの元で修行し閃影拳の目録を得た彼は、文武両道を理想とする師の紹介でウィンダスへと出向き、目の院において後の元老院警備隊ニュモモ(Nyumomo)と机を並べ修辞学を修めるまでに至った。なおニュモモからは「とてもまじめ」と評されているが、なんらかの事情によりふたりが会うことは二度とないらしい(詳細は不明である)。*1

その後バストゥークに戻って兵役を終えた後、水晶大戦が始まってからは軍に拠らないボランティアを続けているようだ。前述のミシェアを引き取ったのもこの頃である。



スカウト方法・能力

カンパニエバトル中は通常攻撃を行わず、カウンターWSのみで戦う。
放つWS短勁のみだが、攻撃の被弾がなければ15秒おきに使用するため、200TP/3secか600TP/3secのリゲインがついているものと思われる。他のNPCのような派手な固有技こそないものの、着実な撃ち込みで敵を切り崩してゆく様子はいかにも彼の人柄を表していると言える。

2008年3月11日のバージョンアップ以降はHPが50%を切った時に師匠であるオグビィが出現し、共にバトルに参戦するようになった。屈強なガルモ2人が肩を並べて血盟軍を迎え撃つ姿は非常に頼もしい。

モンクで話しかけると異なる反応を見せる。
首尾よくスカウトに成功すると、他のゲスト同様彼も三国本拠地に居を移すことになるが、ここでもやっぱり走り込みをしており、見方によっては落ち着かない御仁のように見えなくもない。

台詞

どうやら御同業のようだな。
俺は見ての通り、まだ修行の身ではあるが、
共に戦う機会があるかもしれない。
その時はよろしく頼むぞ!

[サンドリア/バストゥーク/ウィンダス]軍か……
俺も暢気に走り回っている場合では、ないのかも知れんな。

ここで何をしているかだって?
見ての通りだ。

そろそろ出番か?
師匠の名を汚すことなく戦いたいものだな。

関連項目

クラウツ橋の隣人】【冒険者の帰還】【そして、めぐりあう】【Michea】【Oggbi】【スカウト(カンパニエ)

外部リンク

*1
→カンパニエ将軍 直撃インタビュー(ニュモモ)コミックヴァナ通による岩尾賢一氏へのインタビュー)より。なお、ニュモモは修辞学の授業に落第している。