北の国

北の国(きたのくに) / 逆引
北方にある国のこと。

語られている主体によって異なるが、中の国から見て南に該当する区域が実装されていないので、実質「北」と言うと全てこの北の大陸に存在するとされる物事についての事であろう。サンドリア王国の歴史にはエルヴァーン族は北の国からクォン大陸に移ってきた北方の民であった事が一番最初に書かれている。

ヴァナ・ディールの中に於いては北の国と言うとまず真っ先に思われるのがオークの本拠地である「オーク帝国」の存在である。
Overlord Bakgodek : グホオッ……
  聴けぃ、愚がなる人間ども。
  たどえ、オレが倒されても、代わりは北がら……
と大将自らが言っているように、ヴァナ・ディールの主にクォン大陸を根城としているオーク一味は正式には数百年前にオーク帝国から派遣された「オーク帝国クォン方面軍」でしかなく、その勢力の一部に過ぎないと言われる。また、かつてこのオークが滅ぼした国家に魔法帝国*1なるものがあるとされ、一見オークと無関係そうな魔法オークが使える辺りに何らかの関連がありそうである。

また、ギガース等の巨人族闇の王の招聘により「北方の島々」から渡来してきた者達であり、一般的に見られる肌の緑色のギガース族は「北方の比較的温暖な地域」の者で、肌の青白いヨトゥン族などは「更に北方」からの少数部族である。オーク帝国魔法帝国の「北の大陸」と巨人族の「北の島々」……北について公開されている情報は西や南以上に少なく、定かではない。今後の進展はあるのだろうか。

公式設定資料集の中では北国に住まうヒューム族の「バイキング」なる者達の存在が示されているが、断片的に情報が出ているのみで、他の北の国の諸事情同様に謎が多い。

アルタナの神兵の発表に際し、新モンスターの一つとして「ノール」と言うモンスターが明らかになった。その中で「北方の民バイキング」と言う一文があり、ここに来てようやく多くのプレイヤーにも認知される形となった。何らかの進展が期待される。

クォン大陸の北、ノストー海を隔てて目と鼻の先に広がるラゾア大陸と、その周辺の島々からなる地域。南部を針葉樹の大森林、北部を凍原から占める大陸は、その多くが「オーク帝国」の支配下にあり、エルヴァーン人間獣人の少数部族に対して圧政を敷いている。そこから、さらに北方の島々は極寒の地。巨人部族が支配する未開の領域が広がっている。また大陸西部ウシャラド島には「バイキング」と呼ばれる勇猛なヒュームの部族が暮らしており、度重なるオーク巨人勢力の侵攻を退け、頑強に独立を保っている。

ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団 編 ヴァナ・ディール公式ワールドガイド アルタナの神兵編より。

また、近東に住むキキルンの先祖は北方で遊牧生活を営んでいたという設定がある。彼らの遠い親戚が今も北方にいるかは定かではないが、オークの支配する「獣人の少数部族」にキキルンが含まれている可能性もあるだろう。

関連項目

中の国】【東の国】【南の国】【西の国
オーク帝国】【ラゾア大陸
ノール】【バイキング
*1
公式設定「アストラルシグナ」より。