CCBポリマー剤

CCBポリマー剤(しーしーびーぽりまーざい/CCB Polymer Pump) / 逆引
薬品カテゴリに属するアイテムの一つ。スタック不可。
Rare
シドの開発した対生体機兵器。
投擲して命中すると、機械内に薬剤が浸透。
内部の体液を凝固させると云う。
キャスト係数は4(1秒)。

アイテム説明が紛らわしいが、投てき武器ではなく使用アイテム
プロマシアミッション第六章第四節「畏れよ、我を」で対峙することになるオメガアルテマウェポンにのみ有効ないわゆる弱体アイテムで、使用することで約1分間、対象のTP技の発動を封じ込めることができる。

プロマシアミッションを「畏れよ、我を」まで進めば受けることのできるクエスト回路をめぐる思惑」の報酬として入手できる。
必要アイテムEx属性カーマイングレーシアンの3色チップのため面倒である。

レベル制限が課されていた頃は、同ミッションがこのアイテムの有無で難易度が激変していたため、万全を期するなら6人全員が持っておくことが推奨されていた。しかし、上記の理由から競売で調達する者も少なくなく、競売に供給する側としても一度に大量に仕入れることもできないことから常に高価であった。

なお自力で調達する場合、クエストを複数回こなすことでの大量入手は可能だが、Rare属性のため同時に複数所有するためにはポスト回しや、倉庫に一時預けておくなど少々面倒な手順を踏む必要がある。

売却標準価格は200ギル

歴史

2007年6月6日のバージョンアップより3色チップRare属性が消えて複数持てるようになり、まとめて交換できるようになったので集める手間は随分緩和され、価格は大幅に下落した。ただしCCBポリマー剤自体のRare属性はそのままなので、一気の交換や複数所持にはやはりポストを利用するなどの工夫が必要なのは相変わらずである。

プロマシアミッションレベル制限が撤廃され、なおかつレベルキャップが99にまで上昇し、フェイスアイテムレベル装備を使えるようになった現在では、PM最大の難所と恐れられた「畏れよ、我を」も、どのジョブでもオメガアルテマソロで倒せる程の難易度になっており、当アイテムの需要と必要度は大幅に下がっている。

名称について

CCBが何の略かは明示されていないが、このアイテムの英語の説明文には
"This liquid was developed by Cid to combat biotechnological weapons."
というフレーズが出てくることから、CCBは「シド(Cid)製の対(Combat)生体兵器(Biotechnological weapons)」の略ではないかとする説がある。

関連項目

弱体アイテム】【ポスト回し