谷岡久美

谷岡久美(たにおかくみ) / 逆引
株式会社スクウェア・エニックスに所属していた作・編曲家。現在はフリー。FF11の作・編曲家の中では、唯一の女性。FF11でのクレジットは「ミュージック」。拡張データディスクでの追加楽曲には関わっていない。

プロフィール

1974年8月29日、広島県に生まれる。神戸大学発達科学部人間行動表現学科音楽表現論コースを卒業。

弟がハマっていた『ファイナルファンタジー』等のゲームを見てゲーム音楽に興味を持ち、卒業論文でもゲーム音楽をテーマに選んでいる。

大学卒業後はゲーム制作会社(彩京)に就職し、対戦格闘ゲーム『堕落天使 - The Fallen Angels -』(1998年)の音楽の一部などを手がけた後、スクウェア(現スクウェア・エニックス)に移籍

チョコボの不思議なダンジョン2』(1998年)、『ダイスDEチョコボ』(1999年、『チョコボコレクション』に収録)、『オールスタープロレスリング』(2000年)、『ブルーウイングブリッツ』(2001年)の各作品で、一部あるいは全体の楽曲を担当し、その後『FF11』に携わる。

FF11では、植松伸夫氏、水田直志氏に続き、最後に作曲陣に加わった(とはいえ、水田氏とは1週間ほどしか違わないらしい)。担当曲数は12曲と比較的少ないが、「Awakening」のように、プレイヤーにとっては印象深い曲も。

FF11以降は、『チョコボランド A Game Of Dice』(2002年、『ダイスDEチョコボ』のリメイク)、『ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル(以下、FFCC)』(2003年)、『コード・エイジ コマンダーズ』(2005年)で大半の楽曲を、また『プロジェクト・シルフィード』(2006年)でも一部の楽曲を手がけた。以降も『FFCC リング・オブ・フェイト』(2007年)、『小さな王様と約束の国 FFCC』(2008年)の作曲を担当。『FFCC エコーズ・オブ・タイム』(2009年)を手がけるなど、FFCCシリーズといえば谷岡女史、となってきている。

また、2006年以降、時田貴司氏*1らによる演劇ユニット『Pures』の音楽部員として、いくつかの舞台音楽も手がけている。社の規定によりアルバイトは認められていないため、ノーギャラで参加しているとか。

その楽曲群は、優しく印象的なメロディラインなどに定評がある。また、歌唱力も評価され、その歌声は『マリオバスケ3on3』(2006年)や『聖剣伝説4』(2006年)などの楽曲で使用されている。サウンドチームのWebサイト上では、機械音痴キャラという一面も。

バンド『THE STAR ONIONS』では、ピアノおよびシンセサイザー担当。関西弁の混じった軽快な話術を活かし、ライブでのMCも務める。2005年8月発売の同名のアルバムでは、ピアノ演奏とともに、FF11音楽のアレンジを2曲担当している。『SQUARE ENIX PARTY 2005』や『〜 2007』などのイベントではピアノソロでの演奏も披露した。

FF11での担当楽曲

関連項目

BGM】【THE STAR ONIONS】【水田直志】【マイケル】【植松伸夫

外部リンク

*1
(ときた・たかし) スクウェア・エニックスのゲームプロデューサー・ディレクター。代表作は『ファイナルファンタジーIV(SFC版、DS版)』『ライブ・ア・ライブ』『半熟英雄』シリーズ。