ペット盾

ペット盾(ぺっとたて) / 逆引
モンスター攻撃対象をペット集中させること。

獣使い

ソロの基礎戦術とされる。ヴァナ・ディールに生息するモンスターの多大なHPを最大限に活用し、PC被ダメを抑えるというもの。獣使いソロ活動を行える最大の理由である。

ペットは当然挑発を持っておらず、純粋に通常攻撃特殊技ヘイトで敵を引きつけている。挑発厳禁、ケアルは我慢など、通常のパーティ戦とはまったく異なるヘイト管理が必要となる。

LV45でひきつけろが解禁されると状況は一転。本体不意だまを入れて貰うなどすれば、ペットタゲを固定することも容易になるだろう。

竜騎士

マスターが敵のTP技などで大ダメージを受けヒールブレスが間に合わない恐れがある場合、スーパージャンプなどでマスターヘイトを抜き子竜に一時的な盾をさせることがある。
ただし、子竜ユニクロ防具マスターよりも耐久力が低い。ヒールブレス子竜最大HPに依存するため、被弾しても回復量に変化はないが、呼び直すと回復量が初期値に戻るため、あまり好ましいとはされない。

召喚士

召喚獣被物理ダメージ50%カット+それぞれの属性に非常に強い耐性を持つため非常に硬い。獣使い以上に本体が打たれ弱い事もあり基本中の基本といえる。ペット戦闘不能によるペナルティが少ないこともあり、呼びなおし前提も少なくない。

からくり士

ストロボを装着したオートマトン挑発を使用可能な上、マスターより高い戦闘力を持たせる事が可能であるため固定戦術を行うならば比較的容易に実現できる。
特にレベルが一桁台の頃はストンスキンによるカット量の多さで、この頃は例えサポかであっても優秀な盾となる。
バリアモジュールガルバナイザーを使用すれば、盾の発動とカウンターにより被ダメを抑えつつも火力を上げることが可能となり、レベル帯を気にすることなく盾としての性能を上げることができる。
しかし、オートマトンHPこそ豊富なのだが、ナイト風の外見をもつホワイトキャンサーであっても防御力が裸同然な上に、空蝉が使えるわけでもない。さらに、アクティベートリキャストが長い上に、貴重な回復手段であるリペアーリキャストが決して短いとはいえず、その触媒となるルブリカントもタダではない。(応急処置を何度も使用するような状況ならば尚更この問題は無視できない。)
このため、99キャップ時代は敵が強くなるほどソロではマスターが盾をする構図がよく見られていた。

IL119の現在はオートマトン自体の性能の底上げとアタッチメントの追加、リペアーの仕様変更やヘイト関連の調整もあり、本体装備アタッチメントの組み合わせにより、十分に盾として運用できる。アタッチメントによって防御性能が大きく変わるので、敵に合わせたセッティングが必要となるため、ハードルはそれなりに高い。