リペアー

リペアー(りぺあー/Repair) / 逆引
からくり士ジョブアビリティの一つ。Lv15で習得する。
オートマトンを徐々に回復

ルブリカントを消費してオートマトンHPを徐々に回復させる。ルブリカントからくり士しか装備できないため、実質メインからくり士専用のアビリティ

再使用時間は90秒。メリットポイントによって、能力値1につき再使用時間を3秒短縮できる。
矢弾スロットルブリカント(+1/+2/+3)装備していないと行使できない。
回復量はルブリカントの種類に依存し、瞬間的にいくらか回復した後、オートマトンHPが徐々に回復していく。それぞれの合計回復量は100/400/900/1600HP+瞬間回復量分となる。瞬間回復量はオートマトン最大HPによって変わる*1。この効果はディスペルでは消去されない。

リペアー回復量アップ」の性能を持つ装備ギニョルピアス」を装備している場合は、リジェネ回復量が20%アップし、さらにデサルタタセッツで「リペアー回復量+10%」のオーグメントをつければ合計で30%の増加となる。ただし瞬間回復量に変化はない。

例えば、HP2000の白兵戦オートマトンルブリカント+2を使用すると、まず瞬間的に体力の30%である600を回復し、その後900の1.3倍、1170分の体力が徐々に回復していくことになる。合計で1770回復することとなるため、体力が2000の白兵オートマトンはほぼ全快に近い状態にまで復旧することとなる。
マニューバ操作は本体オートマトンとの距離が離れていても使用可能だが、リペアーは有効距離が短いため、使用する時はオートマトンに近づく必要がある。

リペアー効果アップ」の付加性能を持つパペトリバブーシュからくり士AF足)もしくはその打ち直し品であるPTバブーシュ+1装備している場合は、使用時点でオートマトンにかかっている状態異常をランダムで1つ消すこともできるようになる(AF119FOバブーシュ+1では2つになる)。アタッチメントイレーザーと並びオートマトン状態異常回復できる数少ない手段の一つとなるため、所持している場合は有効に活用したい。

オートマトンの呼び出しコマンド「アクティベート」が20分アビだったころはオートマトンを守る大事なアビリティの一つだったが、応急処置が導入された今ではそれほど重要な項目とはなっていない。とはいえ、魔法戦オートマトン応急処置で呼び出してもMPがかなり減った状態で呼び出され、敵によってはドレインアスピル、あるいは自身へのケアルを唱えだすこととなるだろう。
そんなときはルブリカント+2でリペアーすれば、短時間でオートマトンHPは満タンになるため、HP満タンになってからディアクティベートし、再びアクティベートとすれば、それだけでオートマトンMPは満タンに戻る。使いどころによっては大変有用なアビリティにもなりうる。

リペアー強化装備一覧

種別名称性能効果Lv
IL
装備ジョブ
格闘武器ニビルサインティリペアー回復量+10%回復量+10%119
両脚デサルタタセッツリペアー回復量+10%*2回復量+10%75
両足パペトリバブーシュリペアー効果アップ状態異常を1つ治療54
PTバブーシュ+1リペアー効果アップ状態異常を1つ治療74
フォワルバブーシュリペアー効果アップ状態異常を1つ治療109
FOバブーシュ+1リペアー+2状態異常を2つ治療119
FOバブーシュ+2リペアー+2状態異常を2つ治療119
FOバブーシュ+3リペアー+3状態異常を3つ治療119
ギニョルピアスリペアー回復量アップ回復量+20%69
プラティクピアスリペアー回復量+10% 回復量+10%99All Jobs

このほか、格闘あるいは片手のアルビオン・スカーム武器テーオン装備丸い緑石を使ってアーケイン・グリプトを刻むことで、リペアー回復量のオーグメントを付与できることがある。

歴史

ルブリカントの入手難度の調整によってリペアーも間接的に影響を受けているが、そちらについてはルブリカントの項目を参照。ここではリペアーの性能の変遷について記述する。

実装当初の使い道はリジェネ付与の効果しかなく、再使用間隔は3分だった。これは使いにくかったため、2010年9月9日のバージョンアップでは瞬間的にもHP回復する効果も追加された。

2006年7月25日のバージョンアップではメリットポイントを使用することで、1メリットポイントにつき6秒再使用間隔を短縮できるようになった。

2015年6月25日のバージョンアップでは、リジェネの効果が引き上げられ、短時間で回復上限に達するようになると共に、再使用間隔が180秒から90秒に短縮された。再使用間隔が短縮されると、再使用間隔短縮のメリットポイントの効果も引き下げられるのが通例だが、この時点では変更されなかった。

2015年8月5日のバージョンアップでは、メリットポイントの効果が変わっていなかったのは不具合として、1メリットポイントあたり-3秒に修正された。

2016年2月10日のバージョンアップでは、リペアーによるオートマトンリジェネ効果がディスペルなどで消去されなくなった。

関連項目

ルブリカント】【フラッシング】【リトリーブ】【オートマトン
*1
効果継続時間や単位あたりの回復量など詳細については【ルブリカント】項を参照。
*2
オーグメントによる選択制。