ファイアースピット

ファイアースピット(ふぁいあーすぴっと/Firespit) / 逆引
  1. マムージャが使用する特殊技の一つ。
  2. 青魔法の一つ。

マムージャ特殊技

火属性の単体技。
厳密に分けると、色が茶色(主に前衛)のマムージャが使うものと、青色(主に魔道士)が使うものの二種類が存在する。
青魔法としてラーニングできるのは、後者の青色マムージャが使うタイプのみである。(下記参照)

茶色マムージャが使うものは空蝉判定があり、分身の枚数が3枚以上であれば回避は可能である。
回避に必要な分身の数が足りなかった場合は、残っている分身を全て消費し、尚且つダメージをフルで受けてしまう。
一方、青色マムージャが使うタイプは空蝉判定がなく、完全に貫通してくる為に回避する事は出来ない。
こちらは被弾しても分身はそのまま残る事になる。

ブレス攻撃と違い、HPが多くても微ダメージで済んだり、HPが少なくても大ダメージを喰らう事もある。
またレジストしにくかったり威力が安定してると、とにかく謎が多い技である。
バファイラをあらかじめかけるなど対処しておけば、ある程度は緩和できるようである。

ビシージクラスの敵からだと800前後食らうため、ターゲットを取る予定の人は残HPに注意。また行軍レベル8で出現するScalding Fafool Jaが使うファイアースピットは、直撃するとテンポラリアイテムを焼却してしまうことがある。

青魔法

Lv68 BP5 MP121 詠唱時間6.5秒 再詠唱時間42.75秒
系統:魔法-攻撃 属性: 追加特性:コンサーブMP(4)
敵に火属性ダメージ

ステータスボーナス:STR+3

倍率系統係数修正項目
3.00INT差×1.5INT20% MND20%

多くが範囲攻撃である魔法系青魔法の中で、Lv61のアイズオンミーから久々に覚えられる単体対象の魔法である。威力やMP効率ファイアIIIに近く、魔法系青魔法の中ではかなりコストパフォーマンスが高い。

必要BPが5と大きいものの、ステータスボーナスSTR+3は優秀である。またカオティックアイゼファーマントフロストブレスのいずれかとセットすることにより、追加特性コンサーブMPが得られる。物理系青魔法魔法系青魔法の両立を目指す青魔道士にとっては嬉しい仕様である。

ダメージ算出のステータス修正項目INTMNDの二段構え。同時にブーストできない場合は、系統係数のかかるINTを重視してブーストするのがいいだろう。MNDINTを同時にブーストできるエラント装備イギト装束が登場するLv72以降が、この魔法の本領を発揮する舞台となる。火杖を背負い、ステータスを十分にブーストしてブルーバーストからのMBを狙えば削りはなかなかのものとなる。

ちなみにラーニング先は魔道士タイプのマムージャ(通称「青マム」)から。前衛タイプの茶色いマムージャもこの技を使うが、こちらからはラーニングできない。

ファイアースピットの変遷

実装当初は他の魔法系青魔法同様レジストが非常に多かったが、→2006年7月25日のバージョンアップ魔法命中率が調整された。それ以降Lv75キャップ時代においては属性攻撃系青魔法の最高峰に位置していた。

2010年6月22日にてアビセアが追加され、この魔法アビセアNM火属性弱点魔法候補になったが、2011年5月10日のバージョンアップにて弱点魔法候補から外された。

関連項目

マムージャ】【魔法系青魔法】【属性攻撃系青魔法