増田いずみ

増田いずみ(ますだいずみ) / 逆引
日本の歌手。オペラ歌手出身だが、オペラなどクラシックの楽曲に自ら詞をつけポップス風にアレンジして歌うという活動を行っている。

FFXIとの関わりとしては、2005年に『ファイナルファンタジーXI プロマシアの呪縛』のエンディング曲「Distant Worlds」のボーカルを務めている。

2005年8月27日に行われたサマーカーニバルでは、作詞を手がけた植松伸夫氏と共に壇上に登場し、生のDistant Worldsを披露した。

その時のトークによると、スタッフがCDなどを持ち寄って歌手を検討した際、増田いずみの曲を推したのはプロデューサーの田中氏とのこと。

当初は少年の声のように感情を込めず淡々と歌わせる予定であったが、増田いずみの歌声を聴いた植松伸夫が『違う、彼女の魅力はこっちじゃない』と感情をこめた歌い方へ変えてもらったというエピソードがある。

2006年2月18日に行われたファイナルファンタジー・オーケストラコンサート「VOICES music from FINAL FANTASY」にも出演し、Distant Worldsを歌っている*1。また、2011年11月11日に行われた「FINAL FANTASY XI ヴァナ♪コン Anniversary11.11.11」にも出演し、Distant Worldsを歌っている。

関連項目

Distant Worlds】【サマーカーニバル】【ヴァナ♪コン

外部リンク

→増田いずみ(Wikipedia)
ロミオ&ジュリエットDistant Worldsが収録されたアルバム)
*1
なお、この時彼女は妊娠しており、膨れたお腹を抱えての出演であった。