アンゴン

アンゴン(あんごん/Angon) / 逆引
  1. 竜騎士メリポアビリティの一つ。
  2. 上記アビリティで消費するアイテム

1項. ジョブアビリティ「アンゴン」

2006年7月25日のバージョンアップで追加された。

メリットポイント竜騎士カテゴリグループ2にメリットポイントを振ることで習得できるいわゆるメリポアビ
同名のアイテム(2項)を矢弾スロット装備することで使用可能となる。
専用の投げ槍を消費して敵の防御力をダウン。使用間隔:3分
能力値1で効果時間を15秒延長します。

防御力ダウンのダウン率はおおよそ20%前後。効果時間は30秒。メリットポイントでの強化による最長効果時間は90秒。
WMフィンガー+2により強化する事ができ、防御ダウンが25%になる。
射程ジャンプより長く、挑発より短い程度。

防御力ダウン率の約20%というのは、アーマーブレイクの25%とアシッドボルトフルブレイクの12.5%・フライトフルロアの10%の間の性能となる。これらの行動による防御力ダウンは重複することは不可能。また、アンゴンより上位ランク防御力アップがかかっている場合に行使しても効果無しとなる。別枠であるディア風水魔法ボックスステップとは重複する。

一見防御力ダウン率以外は他の物と変わり無く見えるが、アンゴンの特性は必中という所にある。通常、防御力ダウン効果の命中率はこちらの命中や相手の耐性などが関わってくるが、このアンゴンはそれらの要素を無視してほぼ全ての敵*1に対し、前述の効果無しとなるケース以外では確実に効果を発揮する。
各種物理攻撃への支援効果が抜群である事から、優先的に修得している竜騎士諸兄が多い。第10回ヴァナ・ディール国勢調査によれば、竜騎士メリットポイントグループ2の中で最も多く習得されている。

竜剣ジャンプアンゴンと同様に約20%の防御力ダウン追加効果を持っているため、竜剣+ジャンプと5段階強化アンゴンを敵に使用すれば、一人で2分30秒も約20%の防御力ダウンの効果に陥れる事が可能。
この場合、竜剣ジャンプアンゴン上書きするが、アンゴン竜剣ジャンプ上書きしないので、使用する順番やタイミングには注意が必要。例えば、竜剣ジャンプアンゴンとする場合、竜剣ジャンプ防御力ダウンが切れてからアンゴンを発動させなければならない。逆にアンゴン竜剣ジャンプとする場合、竜剣発動時飛竜が落ちていないか注意する必要がある。

使用間隔が3分と比較的短いため、2名で5段階強化アンゴンを回せば、常時約20%の防御力ダウンの効果に陥れる事も可能になる。

なお、構え→投擲という一連の動作があるが、単にエフェクトが長いアビリティであり、実行直後にモーションを待たずWS魔法、他のアビリティを使うことができる。*2
また中々ヘイトが高く、ダメージも発生しないため、使用間隔は長いものの寝ている相手などに挑発感覚で使用する事もできる。

2項. アイテム「アンゴン」

上記アビリティを使用する際に必要となるアイテム。99個スタック可。
2006年7月25日のバージョンアップで追加された。
ジョブアビリティアンゴン』に用いられる。
Lv75〜

発動ごとに1個を消費する消耗品である。
アンゴン自体はアトルガン白門ショップで販売している他、合成も可能。競売所では矢・弾カテゴリで扱われている。

また、ドラグーンピアス装備している場合には「時々アンゴンを消費しない」という性能により、このアンゴンの消費を抑えることができる。

【画像:アンゴン】

販売店舗

エリア店舗名・座標NPC備考
アトルガン白門武器屋・K-10Hagakoff常時入荷

販売標準価格は248ギル、売却標準価格は62ギル

合成レシピ

木工印可レシピスキル:69)]
鍛冶徒弟レシピスキル:21)]
風のクリスタル
アイアンインゴット×2 + ユー材×3 + 毛糸

NQアンゴン×33個
HQ1:アンゴン×66個
HQ2:アンゴン×99個
HQ3:アンゴン×99個

出典

ゲルマン人の一部族、フランク族が使用した投槍。長大かつ重く2m以上あったと言われる。穂先に抜けなくなるようなかえしがあり、投げて殺傷するというよりは、敵のに突き刺してその動きを邪魔する(=を捨てさせる)のが主目的であったようである。

この用途が防御力ダウンという設定につながっているものと思われる。
なお、同じくフランク族が装備していた投げ斧がその部族名を冠したフランシスカである。

関連項目

ディープブリージング】【エンパシー】【ストレイフ】【ドラグーンピアス】【WMフィンガー+2
Copyright (C) 2002-2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
耐性を持っている敵は見つかっていない。
*2
もちろんアビリティ使用による移動のロックなど硬直時間は発生する。