ディシディア ファイナルファンタジー

ディシディア ファイナルファンタジー(でぃしでぃあ ふぁいなるふぁんたじー/DISSIDIA FINAL FANTASY) / 逆引
スクウェア・エニックスから発売されたPSP専用の3Dアクションゲーム。ジャンルはドラマチック・プログレッシブ・アクション。
2008年12月18日発売。シリーズ誕生20周年を記念して企画された。実際には初代ファイナルファンタジーの発売日が1987年12月18日であり、ちょうど21周年である。

FF1FF10まで歴代FFシリーズキャラが各作品2名登場しコスモス陣営(プレイヤーキャラクターとして登場したキャラ)とカオス陣営(敵として登場したキャラ)にわかれ、1対1で戦うこととなる。

また、続編に「ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー」がある。こちらは当該項を参照。

FFXIからのプレイヤーキャラクター

FFXIからは「招待」された戦士として、シャントットがコスモス陣営に参戦。
隠しキャラという位置づけのため、メインストーリーにはほとんど登場しない。

シャントット(CV:林原めぐみ)
コンセプト:チェインスペラー
数多くの肩書きを持つ、ウィンダスを代表する高名な黒魔道士
タルタル族特有の愛らしい見た目だが、その気位はどんな高峰よりも高い。

キャラクターの特徴

そのほか、コマンドウィンドウのグラフィックや効果音がFFXI風であるなど、原作を知っている人はにやりとしてしまう忠実で細かい要素が目につく。
これは当ゲームの20周年記念としての目玉的な特徴と言え、歴代登場作品それぞれに同じような要素・現象が散りばめられている*3

また、戦闘開始時に「あなたには盾役がお似合いね」( vsウォーリアオブライト(FFI))、「暗黒が不似合いな方ね」(vs セシル(FFIV))、「ミスラ、とは違いますわね」(vs ジタン(FFIX))など、FFXIを意識したセリフがあるほか、「よござんす!」「ぶっ壊す!」「あら!わたくし、ブチ切れますわよ」など、クエスト等で発するセリフをボイスで聞くこともできる。

【画像:ディシディア版シャントット】

FFXIからのBGM

FFXIからは3曲のBGMが使用されている。

その他のFFXIからの要素



ナイズルが人気を博し、入り口が混雑しユーザーから悲鳴が上がっていた時代に、ヴァナ★フェス2008 in 後楽園で何とかなりませんかと開発陣が問われ、「待ち時間にディシディアでも…」という答えがあったという逸話が残っている。

関連項目

Shantotto】【ファイナルファンタジー
ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー

外部リンク

→DISSIDIA FINAL FANTASY公式サイト
→ディシディア ファイナルファンタジー(Wikipedia)
*1
仮称。Lv68から装備できるコブラクロシュコブラグローブコブラクラッコーコブラトルーズ及びコブラローブ装備一式。ただしシャントットコブラクロシュ装備していない。
*2
属性の強弱関係の順に選択する。スタートが核熱連携なので火から始め以下、水→雷→土→風→氷となる。これまたFFXI古代魔法の性質(追加効果)がそのまま生かされている。
*3
皇帝(FFII)の断末魔の叫び「ウボァー」、ゴルベーザ(FFIV)の「いいですとも!」、ドリルが頭に装備可能(FFVI)等もネタにされており、かつてはユーザーであったような世代の若手スタッフを中心に製作されたゆえの遊び心もある。